レシピ

あさりの酒蒸しにブルーチーズを加えるだけ。気のきいたおつまみに

あさりブルーチーズ煮

『銀座・ロックフィッシュのストウブつまみ』間口一就(著)

撮影:鵜澤昭彦

待ちに待った週末。やっとゆっくりお酒が飲めるという人のために、家飲みを楽しくするおつまみをご紹介しましょう。

銀座の人気バー「ロックフィッシュ」間口一就さんのレシピは、定番おつまみや市販の完成品にちょっとひと工夫を加えたり、今ある材料で時間をかけずに作ったりと、家庭でも再現できるものがたくさん。本レシピは、おなじみのあさりの酒蒸しに、ブルーチーズをのせるだけと簡単ですが、これだけで、コクと塩気がプラスされてつまみ度がさらにアップします。

あさりには、肝臓の機能を向上させるタウリンがたくさん含まれているため、おいしくて体にも優しい、一石二鳥のおつまみですね。『銀座ロックフィッシュの ストウブつまみ』より。

【材料 1人分】
・あさり(砂出し済み) 300g

・ブルーチーズ 10g

・にんにく 1/2片

・ローリエ 1枚

・白ワイン 300cc

【作り方】
1:ココットにブルーチーズ以外の材料をすべて入れ、蓋をして中火にかける。

2:沸いたら火を弱め、アクが出てきたらすくう。しばらく煮てあさりがすべて開いたら、ブルーチーズをのせてできあがり。

『銀座・ロックフィッシュのストウブつまみ』は、人気の鍋「ストウブ」を使った初のおつまみ本。料理はオリジナルのつまみアイディアで雑誌でも大人気、缶詰の商品開発にも携わる銀座ロックフィッシュの主人、間口一就さん。温かいつまみもストウブならそのままあつあつでテーブルに。万能調理器具はそのまま器に早変わり。手のひらサイズの鍋が大活躍します。

『銀座・ロックフィッシュのストウブつまみ』間口一就(著)

間口一就(著)
定価:本体1,500円+税

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading