レシピ

焼き餅+スープ、国境を超えた相性のよさに感動!タサン志麻さんの「フランス風雑煮」

タサン志麻さんのフランス風おせち 最終回(全10回) おせち料理を手作りし、お正月に家族で囲むことは、日本で古来続けられてきた大切な食文化です。一方、現代ではその姿が変わりつつあるのもまた事実。2023年のおせち料理特集は、連載でも人気のタサン志麻さんにご登場いただき、現代の嗜好に合わせた洋風のおせち料理のレシピをご紹介。この中から好みの料理を選んで手作りし、家族で迎える楽しいお正月にお役立てください。前回の記事はこちら>>

志麻さん一家

毎年クリスマスを盛大に祝い、お正月はふだん通り過ごすタサン家。今年は初めてきもの姿で食卓を囲んで。「アニメの主人公みたい」とはしゃぐ真之介くん5歳、正太郎くん3歳、ご機嫌な燦(さん)ちゃん1歳をにこやかに見守る志麻さんと、夫のロマンさん。黒の正角盆、朱と黒の丸盆/漆器 山田平安堂 グラス、ガラスの徳利、猪口/スガハラショップ青山 鶏肉と野菜のブレゼのプレート/チェリーテラス・代官山 テーブルクロス/アクセル ジャパン 男の子2人のきもの/浅見

お雑煮もフランス風に

雑煮三種

焼き餅+スープ、国境を超えた相性のよさに感動! チャウダー風の魚介は海老やいかのほか、帆立貝やあさり、シーフードミックスもおすすめ。(詳しいレシピは次のページでご紹介します>>) テーブルクロス/アクセル ジャパン

地方色が強く、各家庭に定番があるお雑煮を、今年は思い切ってフランス風に仕立ててみませんか。

「お餅をパスタに見立てると違和感なく作れます。フランス人は具だくさんスープにパスタを入れてランチにすることがありますから、その感覚で」。

合理的なフランス人はスープや煮込みをたっぷり作ってリメイクすることが多いそう。シンプルなポトフ風はさながら鶏のすまし仕立てのようですし、ミネストローネ風やチャウダー風は味噌のようなうまみやコクがあり、お餅になじみます。

「スープとして完成させるより少し塩味を強めにするのがポイントです」。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading