レシピ

バレンタインデーに、手作りチョコレートジェラートはいかが?

チョコレートジェラート

『おうちで作るイタリアンジェラート』齋藤由里(著)

撮影:西山 航

明日はバレンタインデー。今年はちょっと趣向を変えて、チョコレートジェラートを贈るというのはいかがでしょう? ご紹介するレシピは、チョコレートのおいしさを堪能できる濃厚タイプ。ミルク分を控えめにしたすっきりとした後味は、チョコ好きにはたまりません。使うチョコレートは、製菓用クーベルチュールチョコレートのカカオ分70%以上がおすすめ。上質なチョコレートならカカオ分85%までは同じ配合で作れます。

スタンダードな濃厚チョコのほか、ホワイトチョコやカフェインレスのチョコ風味と、好みに合わせてチョコレートの種類を変えて作ってみてください。齋藤由里さんの『おうちで作るイタリアンジェラート』より。

「チョコレートはそれ自体に油脂が含まれているので、なめらかな状態にしやすい材料です。糖分の添加には2つポイントがあります。まず、コクがあってやさしい甘みのざらめを用いて、チョコレートのまろやかさを損なわないこと。もうひとつはぶどう糖ですっきりとした甘みをつけ、食べたあとはチョコレートの風味だけが残ることです。またキャロブパウダーを少し入れると乳製品のコクに負けない香ばしさが出て、チョコレートらしい風味が出ます」(齋藤さん)。

【材料 3~4人分】
・チョコレート(粗く刻む) 40g

・キャロブパウダー※ 3g

・A [卵黄 3個/ぶどう糖 12g/ざらめ 10g]

・牛乳 240cc

・生クリーム 75cc

※いなご豆を乾燥させて粉状にしたもの。香ばしくチョコレート風味で、天然の甘みもある。イタリア語では「カルーバ」。

家庭画報 最新号

家庭画報2018年3月号

2018年3月号 2月1日(木)発売!

羽生結弦選手関連の特別付録つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading