美味手帖

宮澤奈々さんが提案! シンガポール生まれのフレーバーティー「グリフォンティー」の楽しみ方

料理研究家・宮澤奈々さんが提案する
「グリフォンティー」、魅惑の香りを愉しむ


ウェルカムティーはお好みのフレーバーで
お好みのフレーバーを選んだり、ブラインドテイスティングを楽しんだり。お客さまをリラックスさせ、テーブルトークに花が咲くグリフォンティーは、ウェルカムドリンクに最適です。

上質な茶葉に厳選したハーブやスパイスを独自にブレンド。オリジナリティあふれる「グリフォンティー」は、“家庭画報の旅”を企画するプレミアム旅行社が自信を持ってお届けするシンガポール生まれのフレーバーティーブランドです。食卓のさまざまな場面を、香り豊かに引き立てるフレーバーティーの楽しみ方を本誌でもおなじみの料理研究家・宮澤奈々さんに教えていただきます。

あらゆる時間に優しく寄り添い、
彩りを与える「グリフォンティー」

美食家の友人からシンガポールのお土産としていただいて以来、「グリフォンティー」が大のお気に入りという宮澤奈々さん。


宮澤奈々さん(みやざわ・なな)
料理研究家。料理教室「C’est très bon(セ・トレボン)」主宰。器や食空間のプロデュースも手がける。新刊『素敵なおもてなしのプレゼンテーション』(小社刊)も好評発売中。

「日本で手軽に入手できるようになって、本当に嬉しいです。どのフレーバーもナチュラルで、程よく個性的。どんなシーンでお出ししたらお客さまに喜んでいただけるかしら、とお料理やセッティングのひらめきを与えてくれるアイテムでもあります」。


アペリティフにはティーソーダ仕立ての
「ニンフ・オブ・ザ・ナイル」を

ローズヒップなど酸味のあるハーブ入りのお茶は、のど越しのよさも魅力。炭酸水で割ってティーソーダにして、アペロの時間にいかが。透明なボードに生ハムとメロンをのせ、バカラのワイングラスの上に渡す演出も素敵です。

料理の組み合わせのヒントになるのは、フレーバーのベースとなっているお茶と使われているハーブ・スパイス類。

「たとえば“カモミール・ドリーム”が、パスタやサラダといった洋食系と合うのは、レモングラスなど洋食でおなじみのハーブが多く入っているから。烏龍茶やジャスミン茶は中国料理系に、緑茶タイプは和食と相性がいいように思います」。


香り豊かな「カモミール・ドリーム」は食中茶にぴったり
別名“神様から授かったワイングラス”ともいわれるオーストリア・ザルトの白ワイングラスに注ぐと、カモミールの香りがゆるやかに広がります。バカラのデキャンタにたっぷりとお茶を用意してランチタイムに。本日は菜の花とハーブのパスタと。

ランチにティータイムにアペリティフに。グリフォンティーは、さまざまなTPOに寄り添います。


「ストレイツ・チャイ」で和みのティータイム
バカラのタンブラーにお茶を注ぎ、泡立てた牛乳をのせてカプチーノ風に。素朴な焼き菓子とともにどうぞ。温めた牛乳をたっぷり加えたシンプルなミルクティーにしても美味。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading