美味手帖

1日約100種。日時を変えて訪れたい、世界大会優勝シェフのベーカリー「コム・ン」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

群馬・高崎に店を構え、パンの世界大会「モンディアル・デュ・パン2019」にて日本人初優勝を果たした大澤秀一シェフが、東京・九品仏で新たなスタートを切りました。

スタイリッシュな店内には、定番のクロワッサンや食パン、注文を受けてから作るサンドイッチなど、種類を入れ替えながら、1日に約100種類のパンが並びます。

コム・ン店内

「お客さまの要望に応えながら、日本人が食べておいしいと思えるパンを作りたいです」と話す大澤さん。

コム・ン

写真は上から、イーストを使わず自家製酵母のみで焼き上げたカンパーニュ(ハーフ)300円、ジャンボンオリーブ1000円(右)、フィグ・ノア300円(左)、パン・ドゥ300円、宮崎産まるみ豚のバインミー750円。

Information

コム・ン

東京都世田谷区奥沢7-18-5

TEL 03(6432)1061
営業時間 7時~18時
定休日 火曜・水曜

https://commen.jp/

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading