美味手帖

【家庭画報 特別お取り寄せ】「京中」最上の熟成牛肉の焼肉をご自宅で楽しむ

【特集】家庭画報読者のために 名シェフが考えた美味の「お取り寄せ」を極める “新しい生活様式”とともに、美食の「お取り寄せ」が目覚ましく進化し、盛り上がりを見せています。百花繚乱の中『家庭画報』がお届けするのはゆかりの名料理人や名店による本誌特別のお取り寄せの数々。家庭画報だからこそ出合える逸品を、一年の締めくくりにご家庭でお楽しみください。

焼肉は全体が均等に温まり、一度熱すると肉を置いても温度の下がりにくい鋳物のフライパンが最適。IH、コンロどちらでも強火でフライパンを十分に温め、付属の牛脂をひき、中火にして肉を焼く。

加藤謙一さん(かとう・けんいち)
京都・伏見にある熟成精肉店「京中」。京都中勢以2代目。アメリカの大学院で食肉科学修士号を取得。2015年に京都中勢以をリニューアル、飲食店の「京中 月にくづき」、肉惣菜と弁当の「京中合あい」を開店。19年に京都中勢以を京中に改める。


京都・伏見にある熟成精肉店「京中」。兵庫県産の黒毛和種、但馬牛の農家へ実際に赴き、飼育状態を査定、最良の枝肉を徹底した管理のもと4~12週間熟成させた肉は、味、香り、食感、風味すべてにおいて完璧なバランスを誇ります。店内にはショーケースを置かず、お客さんの好みや用途に最も適した肉を、目の前で切り出してくれます。

今回は、焼肉をご自宅で楽しめる2種類のセットをご用意。どちらも、肉厚な2種の赤身と霜降りが各5枚ずつ入っており、あぶり程度、ミディアム、焼き目をつけるなどの焼き加減でも違いを堪能できます。量はお客さまの満足度の高い男性200グラム、女性150グラムを想定。

牛一頭一頭の個性を見極め熟成期間を決める京中の熟成肉は、すべての部位の特長が引き出され多様性に富んだ味わい。写真は「熟成牛肉“上”焼肉」のかたまり肉。左・あっさりとした脂と弾力のある内ももは、醬油と好相性。中上・クリは香ばしく焼き上げて。中下・脂のキレがよいサーロインは、からしとともに。右・シャクっとした食感とまろやかな風味のミスジは、塩でさっぱりと。

京中の肉のうまみを引き立たせるために選び抜かれた調味料「屋我地島(やがじしま)の塩」、「三年熟成醬油」、「和からし」も付属。風味と香りの余韻が深い、極上の焼肉が味わえます。

【家庭画報限定お取り寄せ】
京中「熟成牛肉“極上”・“上”焼肉 家庭画報特選セット」(2人前)

「熟成牛肉“極上”焼肉 家庭画報特選セット」
【部位】
ランプ、シャトーブリアン、イチボ、リブロース芯

【価格】
2万円(送料別)


「熟成牛肉“上”焼き肉 家庭画報特選セット」
【部位】
クリ、内もも、ミスジ、サーロイン

【価格】
1万円(送料別)


【商品内容】
肉350グラムと調味料。

【配送と賞味期限】
冷蔵、冷凍の選択可能。配送日を含めて冷蔵は3日間、冷凍は−15度以下で60日間

【申し込み期間ならびに注文方法】
2020年11月1日~2021年5月31日(12月25日~2021年1月3日は除く)に以下のFAX、オンラインストアにて受け付け
京中 
FAX:075(571)3952
オンラインストア:https://store.kyonaka.jp

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading