美味手帖

【家庭画報 特別お取り寄せ】「室町和久傳」かに、ふぐ、ステーキ。冬の贅が詰まった宝箱

【特集】家庭画報読者のために 名シェフが考えた美味の「お取り寄せ」を極める “新しい生活様式”とともに、美食の「お取り寄せ」が目覚ましく進化し、盛り上がりを見せています。百花繚乱の中『家庭画報』がお届けするのはゆかりの名料理人や名店による本誌特別のお取り寄せの数々。家庭画報だからこそ出合える逸品を、一年の締めくくりにご家庭でお楽しみください。一覧はこちら>>

ふたを取った瞬間に歓声があがる「幸菜肴」。1段目はずわいがに1ぱいと香箱がに4はい、海老いもやにんじん、鶏松風、甘鯛、唐墨など旬菜の盛り合わせ。2段目はパック入りの燻し牛肉を焼いてスライスし、調理済みの松茸とともにご飯にのせて完成させる、要調理の一品。あしらいの柚子皮や木の芽もつき、ご飯は箱ごと温められる。

店長・料理長 松本進也さん(まつもと・しんや)
食材をシンプルに調理しながら創意に溢れた美味を提案する「室町和久傳」の料理長。おせちを長年手がけてきた経験をもとに「幸菜肴(こうさいこう)」を考案し、4月から室町店限定で販売している。


野趣溢れる料理と、京都の洗練を融合させたもてなしで人気を博している料亭「和久傳」。

ご紹介の三段重は、遠出や外食がままならなくなった4月から始めた「幸菜肴」をグレードアップさせ、家庭画報限定で仕立てたもの。4名分の旬菜、ご飯、鍋もので構成し、特別に冬の美味の王さまで、和久傳の看板ともいえるずわいがにと香箱がにがふんだんに盛り込まれています。

「贅沢食材を中心に、松茸と牛肉のご飯、ふぐと白子のお鍋、旬の野菜料理もご用意しました。お鍋とご飯はお客さまに調理に参加してもらい、作りたてのあつあつを楽しんでいただきます」と松本進也料理長。
徳島の3年ふぐ500グラムと白子をたっぷり盛り込んだ、3段目のふぐ鍋セット。旬の冬野菜や昆布だし、薬味、ポン酢も同梱されている。鍋後はお好みでぞうすいやにゅうめんで楽しむのがおすすめ。

まずは名物のかにを味わい、お酒とともに焼き甘鯛や唐墨をつまみ、牛肉を焼いてステーキ重、ふぐ鍋へとゆっくり食べ進みます。具材も薬味もすべて揃い、用意が必要なのは鍋だけ。冬の贅が詰まったコースを思う存分堪能できます。

【家庭画報限定お取り寄せ】
室町和久傳「家庭画報限定 幸菜肴(こうさいこう)」(4人前)

【商品内容】
旬菜とかに、牛肉ステーキご飯、ふぐ鍋等が詰められた三段重

【配送と消費期限】
冷蔵にて配送発送日を含めて2日間

【価格】
6万4800円(税込み、送料別) 限定20個

【申し込み期間ならびに注文方法】
2020年11月1日〜11日に以下の電話にて受け付け(限定数に達し次第終了)
室町和久傳
電話:075(223)3200(火曜休)

【お届け時期】
2020年11月13日〜20日に発送。11月18、19日着のお届けは不可
※京都よりお届けに2日以上必要なエリアは不可

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading