レシピ

本日は「チーズの日」! とろ~りとろけるラクレットを召し上がれ

ラクレット

撮影:工藤雅夫

本日11月11日は、「チーズの日」なのだそう。というわけで、とろ~りチーズをゆでたじゃがいもやソーセージなどにかける、スイスの伝統料理「ラクレット」をご紹介しましょう。チーズ料理の専門店、酪農農家ビストロ「スブリデオ レストラーレ」の吉田シェフによるレシピは、チーズの舌触りと一体になる、大和芋入りのふわふわフリコ(イタリア・フリウリ地方の料理で、本来はじゃがいもとチーズ入りお好み焼きのようなもの)を組み合わせたオリジナルスタイルです。
この一皿と相性のよいワインは、スイスのシャスラ種や隣接するフランス・サヴォワのルーセット種の白。肉も入るならジュラのトゥルソー種や、サヴォワのモンドゥーズ種の赤がオススメです。『酪農ビストロのとろけるチーズレシピ』より。

【材料 5人分】
・ラクレット 300g

・コルニション 適量

・黒こしょう 適量

■フリコ
・じゃがいも(メークイン) 500g

・大和芋 40g

・いんげん 50g

・全卵 1個

・強力粉 適量

・オリーブオイル 適量

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading