レストラン

茶懐石の出張専門店が、真心込めて作る季節の味、京都の味をご家庭で

茶道裏千家の懐石料理をあずかる名店「辻留」。茶事や茶会への出張料理が主の店ですが「私どもが京都の厨房で作る味を、より多くのかたに知っていただけたら」という思いから、このたび京都店の主人、平 晴彦さんは贈答用の料理を作りました。

「山海鮮」の名は、裏千家14代家元・淡々斎から二代目辻 嘉一氏がいただいた書からとったもの。写真はその一例で、手前から「穴子とずいきの炊き合わせ」、「とり貝、わけぎ、よもぎ麩のぬた」、「いわしの辛煮」。京都の料理店ならではの食材を使い、手をかけ、時間をかけて作られた料理が揃います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading