レシピ

加藤和樹さんと習うおせちレシピの新定番!ひと工夫で簡単に【栗きんとん、なます、昆布じめ】

【連載】加藤和樹の<心・技・体>

加藤和樹さんが達人に学ぶ好評連載の第4弾、「お正月料理に挑戦!」。料理研究家・久保香菜子さんに、お正月料理を簡単においしく作る工夫を学んできました。今回は、栗きんとんやなますなど、おせちに必ず入る料理を簡単に作れるアイディアを習います。前回の記事はこちら>>>

【第3回】アイディアで“飽き知らず”!おせちの定番料理に驚きのひと工夫

久保香菜子さん(以下、敬称略):今回ご紹介するのは、「栗きんとん、なます、昆布じめ」というおせち料理の定番献立を、手軽に作るためのアイディアです。

まずは、栗きんとんから。加藤さんは、栗きんとんはお好きですか?

加藤和樹さん(以下、敬称略):大好きです。名古屋に帰ると、たまに買います。隣の岐阜が栗の名産地なので。

久保:岐阜の栗きんとんって、本当においしいですよね。

(1)大和芋の栗きんとん

栗きんとんを手軽に

久保:スタンダードな栗きんとんは、さつまいもを使っていますが、それだと甘すぎるという方もいらっしゃいますよね。なので、さつまいもの代わりに大和芋を使うのがポイントです。

では、栗きんとんを作っていきましょう。まず、蒸した大和芋を熱いうちに裏漉しします。右手で持ったへらを、上から左手でぐっと押さえ、押しつぶすようにして漉します。コツは引っ張らないことと、濾し器を対角線に使うことです。

加藤:わかりました。

引っ張らないのがコツ

久保:漉し器はお持ちですか?

加藤:料理は好きですが、さすがに持ってないですね。

久保:マッシュポテトは作らない?漉し器があると便利ですよ。あんまり引っ張ると粘り気が出て、やりにくくなるので注意しましょう。

加藤:なるほど。

裏漉し、初体験!

久保:もしかして、初の裏漉し体験ですか?

加藤:はい。祖母が栗きんとんを作っていたんですが、やったことはなかったです。

久保:おばあさまと一緒に住んでいらしたんですか?

加藤:はい。よく実家の近くで栗を拾いました。それを持って帰ると、栗きんとんを作ってくれて。“栗拾い係”でしたね。春は、つくしも取っていました。それはおひたしにしてもらって。

久保:素敵な思い出ですね。

ブランデーで香りづけ

久保:裏漉しした大和芋にブランデーを加えて混ぜます。ブランデーの風味で大人の味になりますよ。しっかりと混ざったらラップに包んで、粗熱を取ってください。

大和芋で栗を包む

久保:粗熱が取れたら、1個分ずつ分けて丸めておきます。ふきんに丸めた大和芋を乗せます。その大和芋で半分に切った栗を包んでください。

加藤:あ、これ、やった記憶があります!

久保:おばあさまのお手伝いをされていたんですか?

加藤:はい。懐かしいです。

ふきんで包んで、絞る

久保:栗の切断面が下になるように、置いてください。大和芋にぎゅっと栗を押し入れて、ふきんで包んで絞ってください。

加藤:(ぎゅうっと絞る)

久保:あ、そんなに力一杯やらなくて大丈夫です(笑)。

加藤:すみません!

きれいに絞れました!

加藤:先生、どうでしょう?

久保:きれい、きれい!

加藤:おいしそうですね。

久保:加藤さん、ひょっとして甘いものがお好きなんですか?

加藤:大好きです!


●大和芋の栗きんとん

【材料(10個分)】
・大和芋 1個(正味約250グラム)
・グラニュー糖 25グラム
・栗の甘露煮(市販) 5個
・ブランデー(またはラム酒) 小さじ1

【作り方】
(1) 大和芋は皮をむいて1㎝厚さに切り、強火の蒸し器で蒸して火を通す。電子レンジを使う場合は、水をたっぷりからめてラップに包み、加熱する。
(2) (1)を熱いうちに裏漉しし、すぐにグラニュー糖を加えて溶かし混ぜる。ブランデーを加えて混ぜる。しっかり混ぜたらボウルから取り出し、ラップに包んで粗熱をとる。
(3) 栗の甘露煮は半分に切る。
(4) 栗の甘露煮のシロップ(材料外)にふきんをひたし、絞る。(2)を25グラムずつ丸めてふきんにのせる(ピンポン玉より少し小さいぐらいが目安)。(3)を1個ずつのせて茶巾絞りにする。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading