レシピ

おせちの定番「お煮しめ」は“揚げびたし”で簡単に!加藤和樹さんも驚きのお手軽さ

【連載】加藤和樹の<心・技・体>

加藤和樹さんが達人に学ぶ好評連載。第4弾のテーマは「お正月料理に挑戦!」。料理研究家・久保香菜子さんに、簡単でおいしいお正月料理の作り方を学びます。前回は、お正月料理の基本となる「3種の祝い肴」の、シャンパーニュに合うモダンなアレンジレシピにチャレンジした加藤さん。今回は、おせちに欠かせない「お煮しめ」を手早く簡単に作る工夫を学びます。前回の記事はこちら>>>

【第2回】意外と大変な「お正月の煮物」を揚げびたしで楽々簡単に

“加藤食堂”を開店?!

久保香菜子さん(以下、敬称略):今回のお題は、お正月料理に必須の「お煮しめ」です。ところで突然ですが、ご自宅で揚げ物はされますか?

加藤和樹さん(以下、敬称略):唐揚げは作ります。あとは、ベトナム料理が好きなので、えびパンも。えびのペーストを作って食パンに塗って、揚げます。

久保:すごいですね。“加藤食堂”を開けてしまいますね。

加藤:いえいえ。

揚げびたしなら、具材をそれぞれ煮なくてOK

久保:お正月料理の定番、お煮しめですが、本格的にやると、具材を異なる煮汁でそれぞれ煮なければならないので、かなり手間がかかるんです。

そこで今回は、具材をさっと素揚げして、そのままだしにひたしていく“揚げびたし”に挑戦していただきます。

まずは飾り切りに挑戦

久保:具材は日常と同じ切り方でも構いませんが、飾り切りをすると見た目が華やかになり、お正月らしくなりますよ。

では、にんじんを梅の花の形に飾り切りしてみましょう。包丁だけでやるのは結構難しいので、型を活用します。

まず、梅の形の型でにんじんを抜いてください。

加藤:はい。

切り込みを入れて、梅の花を立体的に

久保:次に、花びらのカーブのへこんだ点から、花の中心に向かって切り込みを入れ、細く切り取ります。これを5回繰り返すと、花びらが立体的になります。

加藤:(真剣な面持ちで)すみません。もう一度、やっていただけますか?

久保:こうして、こうして……。

華麗な包丁さばきを披露

加藤:あー!なるほど!!(真剣な表情で切り込みを入れていく)

久保:お上手ですね。お料理、よくされるんですものね。

加藤:一応、毎日作っているので。

久保:毎日?!すごいですね。包丁を使い慣れていらっしゃるのがよくわかります。さすがです。

加藤:ありがとうございます。

初めてとは思えない出来栄え

久保:すごーい!きれいです。 初めてやったとは思えません。

加藤:いびつになっちゃいましたけどね。

久保:加藤さんと私のどっちが切ったものかわからないですね。

加藤:それは、さすがにわかりますよ!(笑)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading