レシピ

甘辛い味つけでごはんが進む。秋の味覚のコラボ「かば焼き」

さんまときのこのかば焼き

『ごはんがおいしい 野菜のおかず』冨田ただすけ(著)

今日の一皿は、さんまときのこ、秋の味覚のコラボレーションです。野菜も入るので、栄養バランスもしっかり。
食べやすい大きさに切ったエリンギと椎茸、ピーマンはフライパンで炒めて火が通ったら一度取り出します。続いて小麦粉をまぶしたさんまを、フライパンで両面こんがりと。野菜類とさんまを一緒に焼くと均一に火を通すのが難しいため、このように別々に火を通しましょう。

たれはしっかりからむまで煮詰めるのがポイントです。甘辛い味つけでごはんが進むこと間違いなしですよ。和食レシピサイト「白ごはん.com」でおなじみ、冨田ただすけさんの著書『ごはんがおいしい野菜のおかず』より。

【材料 2人分】
・さんま 2尾

・エリンギ 100g

・椎茸 2枚

・ピーマン 1個

・粉山椒 少々

・A [しょうゆ、みりん、酒 各小さじ5/砂糖 小さじ1]

・小麦粉 適量

・サラダ油 小さじ1

【作り方】
1:さんまは3枚におろして腹骨をすき取り、4等分に切る。小麦粉を全体にまぶし、余分な粉をはたき落とす。

2:エリンギは長さを半分にして繊維にそって6~7mm幅に切り、椎茸は軸を切り落として厚めのそぎ切りにする。ピーマンはへたと種を取り除き、乱切りにする。

3:フライパンにサラダ油小さじ1/2を中火で熱し、2を加えて炒め、火が通ったら一度取り出す。

4:3のフライパンにサラダ油小さじ1/2を追加して中火で熱し、さんまを皮目から焼く。両面こんがりと焼いたら3を戻し入れる。

5: Aを加えてフライパンをふりながら炒め合わせ、たれがしっかり具材にからむまで煮詰める。器に盛りつけ、粉山椒をふりかける。

『ごはんがおいしい野菜のおかず』は冨田ただすけさんが主宰する「白ごはん.com」のベストレシピ集。主菜・副菜から汁もの・鍋もの、ごはんものまで、季節を感じる旬の野菜料理を100品収録。
『ごはんがおいしい 野菜のおかず』冨田ただすけ(著)

冨田ただすけ(著)
定価:本体1,300円+税

撮影/櫻井めぐみ

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading