レストラン

【赤坂・路地裏の美味処探訪】優雅な和の昼膳

あか坂 帰燕

4種類のデザート

デザートは「わらび餅」「ピスタチオとココナッツのババロア」「抹茶アイスの白玉ぜんざい」「黒糖ブランマンジェ」の4種類から選ベる。(写真はお昼のコースより)

熟練の料理人による昼膳は、甘味も充実

六本木通りのすぐ北側に位置する福榎商店街は、昔ながらの赤坂の面影が残る場所。その風情に魅せられた石塚啓晃さんが10年前に開いた「あか坂 帰燕」は、端正な会席コースが評判です。

蓮餅と小甘鯛、松茸のお椀

蓮餅と小甘鯛、松茸のお椀。松茸と、柚子、三つ葉の香りが上品。(写真はお昼のコースより)

料理は、奇をてらわぬ正統派。凜とした味わいは、お椀の吸い口やお造りのあしらいなど、細部の完成度を追求することで生み出されています。

「海老真丈」と「黒毛和牛イチボのローストビーフ」

手前は粗くたたいた海老の食感を生かした先付「海老真丈」。「黒毛和牛イチボのローストビーフ」は、お酢が利いただしのジュレでさっぱりと。(写真はお昼のコースより)

夜と同様に選り抜きの食材を使った昼のコースは、全8品。お造り代わりの「黒毛和牛イチボのローストビーフ」は、夏は爽やかなだしのジュレ、冬は葛あんをかけるなど、季節に寄せたアレンジで提供されます。食事は炊き込みご飯または予約制の鯛茶漬けを。

デザートは4種類から選ぶことができ、一番人気は本わらび粉を使った「わらび餅」。とろけるような味わいに、頰も心も緩みます。

あか坂 帰燕のカウンター

白木のカウンターの中に飾られた「空」の書は、店名の「燕」にちなんだもの。

あか坂 帰燕の店先

懐かしい昭和の薫りが漂う商店街から程近い一軒家は、純和風の趣。風情のある露地を歩くと、木々の息吹に心が和む。2020年1月〜3月は改装のため休業予定。

あか坂 帰燕(あかさか きえん)

東京都港区赤坂2-18-8
TEL:03(3505)0728
営業時間:12時~13時30分、18時~21時(LO)
日曜・祝日定休
昼御膳1700円(平日限定、予約不可)、昼コース6300円、8900円。夜コース1万3500円~
個室3室 コースは要予約

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading