レシピ

なすとささがきごぼうで作る柳川鍋。なすの皮もムダにしません

なすとごぼうの柳川

『ごはんがおいしい 野菜のおかず』冨田ただすけ(著)

柳川鍋といえば、どじょうとささがきごぼうを使った鍋ですが、これを秋野菜のなすで再現!という斬新なレシピを考案したのは、人気の料理研究家・冨田ただすけさんです。

縦に細く切ったなすは、卵ととじた際に皮の食感が少しじゃまになるため、むき取りましょう。こうすることでふわりと仕上がります。むいた皮は捨てずに2~3cmに切って、しょうゆ小さじ1、みりん小さじ1/2、練り辛子少々を合わせたものに10~15分漬け込んで「辛子しょうゆ漬け」などにしていただいてください。メインの鍋と副菜がいっぺんに作れますよ。冨田さんの著書『「ごはんがおいしい 野菜のおかず」』より。

【材料 2人分】
・なす 1本

・ごぼう 細1/2本(約50g)

・豚バラ肉(薄切り) 50g

・卵 2個

・刻みねぎ 少々

・A [だし 200cc/しょうゆ、みりん 各大さじ2/砂糖 小さじ2/塩 ふたつまみ]

■だし(作りやすい分量)

・水 1リットル

・かつお節(薄削り) 10g

・昆布 10g

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading