レシピ

皮目が香ばしく、格別の美味です。自家製「戻りがつお」のタタキ

かつおのタタキ

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)

「戻りがつお」のシーズンになりました。あっさりした赤身の初がつおに比べて、たっぷりえさを食べた戻りがつおは脂ものって、もっちり濃厚な味わい。どちらも甲乙つけがたいおいしさですが、いずれもさっとあぶって香ばしさを加えると絶品です。

本日はシンプルなかつおのタタキと、それに簡単アレンジを加えた中華風サラダの2品をお届けしましょう。

皮つきのかつおを1さく買ってきて、豪快に火であぶれば自家製タタキのできあがり。できたては特に皮目がパリッと香ばしく、格別の美味です。バーナーであぶってもいいですし、ない場合はフライパンで油をひかずに焼いてもOK。

かつおのタタキには中華ドレッシングがとても合うので、好きな野菜に乗せて市販の中華ドレッシングをかければ、タタキとはまたひと味違う一品となりますよ。『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂』より。

【材料 2人分】
・かつお 1さく

・塩 少々

・しょうが(せん切り)、大葉 各適量

【作り方】
1:かつおは、皮目部分に塩をふっておく。

2:最初に皮目を下にしてあぶり、ひっくり返して全面をあぶり焼きにする。表面の色が変わったら、冷水にさっと通して粗熱を取り、ペーパータオルで水分を取る。

3:平切りにして器に盛り、大葉としょうがを添える。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading