美味手帖

天然氷にこだわる?シロップにこだわる? 極上のかき氷で涼を感じたい!

人気店で味わう、自宅で作る「極上のかき氷」第1回(全4回) 酷暑の時期にいただく一杯のかき氷。汗もすっと一瞬で引き、体の芯から涼しさが広がっていきます。氷にこだわる、シロップにこだわる、あらゆるスイーツとの組み合わせにこだわる……。華やかに広がりゆくかき氷の世界を涼やかにお楽しみください。

定番の抹茶とあずき餡の組み合わせだけでも、これだけのバラエティがある。写真右から順に:みやけ、中村軒、阿左美冷蔵 寶登山道店、甘味ゆい、浅草浪花家

無理なく自然に“涼”をもたらしてくれる甘味は、江戸の昔から庶民に愛されてきました。

一瞬でとけてしまうひと皿でありながら、見た目の美しさや彩りのよさをも追い求める──。その場、その瞬間でしかいただけない、はかなさもまた、日本人好みといえるでしょう。

先達の知恵も詰まったこのシンプルなスイーツが改めて見直され、今、静かなブームが広がっています。

みやけ(奈良)

みやけ(奈良)

宇治金時 780円(税込み)

大阪・今橋から奈良の閑静な住宅地に移築復元した、豪商・鴻池邸表屋の建物の中、和の風情とともに味わえるかき氷。明治40年創業の製餡を生業とする老舗が手がけたとあって、上品な甘みの餡は秀逸です。

住所:奈良市鳥見町1-5-1
TEL:0742(51)3008
営業時間:10時~17時(LO)
定休日:日曜
2019年のかき氷は~10月14日

中村軒(京都)

中村軒(京都)

宇治金時 930円(税込み)

かき氷用に炊いた柔らかな餡、愛宕山の伏流水とざらめで作った蜜など、和菓子店ならではの工夫のあるかき氷。冷えると硬くなる白玉と追加の抹茶蜜は別に添えて供されます。嵐山、嵯峨野散策の際の立ち寄りをおすすめ。

住所:京都市西京区桂浅原町61
TEL:075(381)2650
営業時間:9時30分~17時45分(茶店)
定休日:水曜(祝日の場合営業)
かき氷は4月末~9月末

阿左美冷蔵 寶登山道(ほとさんどう)店(埼玉)

阿左美冷蔵 寶登山道(ほとさんどう)店(埼玉)

あさみの和スペシャル
抹茶のシロップ・小豆あん&黒みつ付き 1300円

埼玉・長瀞の天然氷蔵元が営業するカフェ風の一軒。抹茶のシロップなどは別添えで供されます。まずはふわふわの削りたて、天然氷のすっぴんの味を楽しんでから、お好みであずき餡や黒蜜をかけていただきます。

住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞781-4
TEL:0494(66)1885(繁忙期不通)
営業時間:10時~17時(状況により早じまいあり)
定休日:火曜
かき氷通年

甘味ゆい(東京)

甘味ゆい(東京)

抹茶あずき 820円(税込み)

緑豊かな街の落ち着いた店内でいただくのは、丁寧に作られるかき氷。注文を受けてから点てて作る抹茶シロップは、濃厚で香りがよく、色鮮やか。氷、シロップ、あずきが絶妙なバランスを織りなす計算された味わいです。

住所:東京都国立市西2-19-12 ヘリオス国立1-B
TEL:042(505)6210
営業時間:11時~17時(LO)
定休日:月曜・火曜
かき氷通年

浅草浪花家(東京)

浅草浪花家(東京)

宇治金時 850円(税込み)

老舗たい焼き店「麻布十番・浪花家総本店」ののれん分け店だけあって、底と中間にあずきがたっぷり入っています。たい焼き用に8時間炊いたあずきを、一晩おくことでゆっくりと甘みが入り、ふっくら優しく仕上がります。

住所:東京都台東区浅草2-12-4
TEL:03(3842)0988
営業時間:10時~19時
定休日:火曜(不定休あり)
かき氷通年

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading