レシピ

乾いたバゲットをおいしく食べるサラダ。キンと冷やして召し上がれ

パンツァネッラ

『VEGETABLE』真中陽宙(著)

バゲットを1本買ったものの、ついつい余らせて気づいたらカチカチ。というのはよくあること。そんな時間がたって堅く乾いてしまったパンをおいしく食べるために考えられたサラダが、イタリア・トスカーナの伝統的な家庭料理「パンツァネッラ」です。

つまり、このサラダの主役はパンということ。塩をふった生の野菜から出た風味のよいエキスをパンに吸わせるのがポイントです。混ぜ合わせてから15分以上おいて、味をなじませてからいただきましょう。夏はキンと冷やして。冷蔵庫に作りおきしておくと、食欲のないときなど重宝しますよ。

野菜はトマト、きゅうり、赤玉ねぎが基本で、トマトはノーマルな大玉でも、ミニトマト、フルーツトマト、緑の多いものなどなんでもOKです。パンもバゲットではなく食パンでもいいですよ。レシピに掲載しているのは乾いていないバゲットの分量ですが、乾燥したパンを使うなら、50gをたっぷりの水に浸して水分を含ませ、絞ってから使うといいでしょう。『VEGETABLE 真中シェフの野菜のおいしい「こつ」レシピ』より。

【材料 3~4人分】
・バゲット 60g

・バルサミコ酢(バゲット用) 小さじ2/3

・エクストラヴァージンオリーブ油(バゲット用) 大さじ1/2

・塩、白こしょう(バゲット用) 各適量

・きゅうり 150g(1と1/2本)

・トマト 280g(大玉なら2個)

・赤玉ねぎ 150g(1個)

・バジル(葉) 10枚

・黒オリーブの実(種子を除く) 7~8個

・にんにく(すりおろし) 耳かき1杯

・白ワインヴィネガー 大さじ1/2

・バルサミコ酢 小さじ1/2

・エクストラヴァージンオリーブ油 大さじ1強

・イタリアンパセリ 適量

・塩、白こしょう、黒こしょう 各適量

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading