レシピ

まぐろの赤身をさっとあぶって、さっぱりカルパッチョ風タタキに

まぐろのタタキカルパッチョ

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)

スーパーで見かけるまぐろ赤身の「さく」は、よく見るとスジの入り方が違いますよね。スジが斜め均等に入っているものは口当たりもよく、刺身やユッケ、漬けなど生食に近い料理に向いています。また色は透明感のある赤ではなく、ちょっとくすんだ赤を選ぶとよりまぐろの味が楽しめるでしょう。

そんな赤身のさくを手に入れたら、今日はカルパッチョ風タタキにしてみましょう。さくを軽くあぶってそぎ切りにし、塩とライム、オリーブオイルで召し上がれ。『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂』より。

【材料 2人分】
・まぐろ(赤身のさく) 200g

・サラダ油 大さじ1

・塩(できれば粗塩) 小さじ1/4

・オリーブオイル 大さじ2

・ライム 1/2個(しぼり汁とスライスで)

・ベビーリーフ 適量

・ラディッシュ 2個

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading