レシピ

魚のうまみを生かした郷土料理「大分のごまだしうどん」と「滋賀の焼き鯖そうめん」

滋賀の焼き鯖そうめん

滋賀の焼き鯖そうめん

【材料・4人分】

・そうめん…4束
・ししとう…12本
・A【昆布だし…90cc、薄口醬油…5cc、濃口醬油…5cc、みりん…10cc】
・かつお節…少々
・鯖…1尾
・B【濃口醬油…100cc、酒…100cc、みりん…200cc、しょうが(薄切り)…ひとかけ、実山椒…10グラム】
・木の芽、粉山椒…各適量
・しょうが…ひとかけ

【作り方】

(1)ししとうを焼く。鍋にAを沸かし、かつお節を加えたら、こして冷ます。そこにししとうを漬け込む。しょうがは細いせん切りにして水にさらし、水気を切る。

(2)鯖は三枚におろし3センチ幅に切り、こんがりと焼く。Bとともに鍋に入れて落としぶたをし、強火で煮汁が1/3になるまで煮たら、煮汁ごと冷ます。

(3)そうめんをゆでて冷水でしめ、(2)の煮汁をからめる。器にそうめん、鯖、ししとう、(1)のしょうがを盛りつける。粉山椒をかけ、木の芽をあしらう。

林 亮平(はやし・りょうへい)さん

教える人
林 亮平(はやし・りょうへい)さん/てのしま

香川県丸亀市生まれ。大学卒業後、「菊乃井」に入社し、主人・村田吉弘氏に師事。17年の修業の後、独立。昨年3月に「てのしま」をオープン。郷土料理から日本食を見つめ直し、確かな技術とセンスで、その魅力を国内外へ発信している。

Information

てのしま

東京都港区南青山1-3-21 1-55ビル2階

〔特集〕日本料理、中国料理、イタリアンのシェフに習う「夏のご馳走冷たい麺」(全7回)

撮影/大山裕平

「家庭画報」2019年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading