レシピ

トルコの定番料理をアレンジ。なすとヨーグルトの和えもの

なすのトルコ和え

『和えるおかず』坂田阿希子(著)

なすとヨーグルト。トルコでは前菜によく登場する、お馴染みの取り合わせです。それを、和えものをこよなく愛する料理家・坂田阿希子さんが、シンプルな形でレシピにしました。

菜箸などで突いてところどころ穴をあけたなすを、魚焼きグリルまたはオーブントースターで、皮が焦げるまで焼いた後、皮をむいて手で細く裂きます。なすの焦げた風味もおいしさのひとつなので、皮が黒くなるまでしっかりと焼いてください。水切りしたヨーグルトとにんにく、塩、レモン、オリーブ油などで和えればでき上がり。パンにも合いますし、焼いた牛肉やラム肉に添えるのもおすすめです。なすがおいしいこれからのシーズン、きっと何度も作りたくなる一皿になりますよ。『和えるおかず』より。

【材料 2人分】
・なす 6個

・ヨーグルト 大さじ6

・A [にんにく(すりおろし) 少々/塩 小さじ2/3/レモン汁 大さじ1/オリーブオイル 大さじ3]

・パプリカパウダー、黒こしょう 各適量

【作り方】
1:ざるにキッチンペーパーなどを敷いた上にヨーグルトをあけ、水きりをする。

2:なすは菜箸などで突いてところどころ穴をあけ、魚焼きグリルまたはオーブントースターで、皮が焦げるまで焼く。皮の色が変わり、全体にしわっぽくなったらボウルにとり、ラップをかけて蒸らす。粗熱が取れたらへたを除いて皮をむき、手で細く裂いてボウルに入れる。

3:別のボウルにAを順に入れて、よく混ぜる。1を加えてソースを作り、2のボウルに加えてよく和える。器に盛り、パプリカパウダーと黒こしょうをふる。

肉に魚、そして野菜。それぞれのうまみや香り、食感を大切に和えることで、いつものおかずをとびきりおいしい一品に。和えものをこよなく愛する料理家・坂田阿希子さんが、独自の発想で提案する67のレシピ。和風だけでなく、洋風、エスニックに中華と味わいのバリエーションも豊富です。これまでにない、新鮮な組み合わせの和えものが満載。ぜひ和えものの楽しさ、新たなおいしさを体験してください。

『和えるおかず』坂田阿希子(著)

和えるおかず(世界文化社)
坂田阿希子(著)
定価:本体1,300円+税

撮影/新居明子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading