レストラン

九州中のおいしいものが集まる博多から、日本の芸術美を伝える「馳走なかむら」

“日本の伝統美を博多という舞台で伝えていく”……その思いは料理にも込められています。

うすい豆の豆腐、蒸しあわび、芋茎を散らした春らしい椀物""

うすい豆の豆腐、蒸しあわび、芋茎を散らした春らしい椀物。器はほとんどが福井の「陶器越山」によるもの。

「長崎や佐賀の魚、宮崎や鹿児島の肉、各地の新鮮な野菜……博多は九州中からおいしいものが集まってきます。魚種も豊富ですし、料理人としての腕が試される街ですね」。

地元の素材を積極的に使い、香りや風味を生かした繊細な料理の数々は「最高の素材を使った日本料理を、季節の風情を感じながらいただける」と、訪れるお客さまを魅了し続けています。

本日の主菓子「山つつじ」

本日の主菓子は色鮮やかな「山つつじ」。「塩くるみ」を添えて。茶碗は唐津焼・藤ノ木陽太郎作。

Information

馳走なかむら

福岡市博多区対馬小路2‒10

TEL 092(292)7663
営業時間 11時30分〜12時、18時〜19時30分(ともに最終入店)
定休日 日曜、月曜昼、月曜夜不定休
  • 要予約。懐石コース1万円〜。

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/本誌・坂本正行 取材・文/中野智恵〈Fe〉 取材協力/九州観光推進機構

※ご紹介した料理の献立は、仕入れの都合で食材や内容が変更になる場合があります。また、別途サービス料等がかかる場合があります。

「家庭画報」2019年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading