レストラン

わざわざ訪ねたい味!福岡の海辺で至高のフレンチ 「Restaurant Sola(ソラ)」

Restaurant Solaのオープンキッチン

ベイサイドに昨年オープンした「Restaurant Sola」。オープンキッチンの活気は客席からもダイレクトに感じられる。

Restaurant Sola(築港本町)―吉武広樹さん
「魅力ある街は、水辺にも活気がある。ここ博多港もそんな場所にできれば」

サーブされるたびに口をつく「おいしい!」、そして食べ終わったとき、こぼれ落ちるのは「ああ、楽しかった」という言葉。「ソラ」は“新しい体験”が楽しめるレストランです。

博多湾に面した複合施設「ベイサイドプレイス博多」内に、フランスのミシュラン一つ星を獲得した吉武広樹さんが自店をオープンしたのは昨年12月。閑散としていた施設にこの店ができたことは、地元・福岡にとって“事件”でした。

「パリならセーヌ川沿いやサンマルタン運河沿いというように、魅力ある都市では水辺に人が集まります。福岡にもそんな場所を作りたくて」と吉武さん。

Restaurant Solaのデザート

いちごとチョコレートのアイス、ムース オ ショコラのメレンゲ、クレームシャンティを合わせたデザート。チョコレートはフェアトレードのアマゾンカカオを。

Restaurant Solaの魚料理

藁であぶった鯖にビーツとレフォールのクリーム、とんぶりを合わせて。

世界を旅した吉武さんが作る料理は、実に自由でエキサイティング。福岡・糸島産の野菜や地元の魚に、フランス産のきのこを合わせたり、わさびやナンプラーを用いたりと、国境も文化も超えた食材や調味料が幸せに融合したものばかり。

いずれもひと皿に幾通りもの香りと食感が潜んでいて、食べ進むうちに嬉しい驚きに出合えます。

「今後は施設内にワインバーやテイクアウトの店も作りたい。毎日島から船が着くのでマルシェもいいですね」。

ここだけでなく、福岡という街にも“新しい価値”をもたらす可能性を大いに秘めた「ソラ」。飛行機に飛び乗って訪れたくなる至福の時間がここにあります。

Restaurant Solaの魚介料理

小さなヤリイカを薪で焼き、下足と墨、レモンたっぷりのソースで。

Restaurant Solaの肉料理

約1か月ねかせた糸島豚・肩ロースのロースト。骨を使ったソース、キンカンのマスタード、カリフラワーとパルメザンチーズのソースを添えて。

Restaurant Solaの吉武広樹さん

吉武広樹(よしたけ・ひろき)さん
佐賀県伊万里市出身の38歳。東京「ラ・ロシェル」、「ル・ピラート」を経て、1年半をかけて世界40か国近くを巡る料理の旅へ。

2011年パリに「Sola」をオープン。開店から1年3か月でミシュラン1つ星を獲得。このたび日本にも拠点を築き、さらなる注目を集めている。

Information

Restaurant Sola

福岡市博多区築港本町13‒6 ベイサイドプレイス博多埠頭C館2階

TEL 092(409)0830
営業時間 18時〜23時
定休日 日曜、不定休あり

https://sola-factory.com/

  • 要予約 1万円〜。

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/本誌・坂本正行 取材・文/中野智恵〈Fe〉 取材協力/九州観光推進機構

※ご紹介した料理の献立は、仕入れの都合で食材や内容が変更になる場合があります。また、別途サービス料等がかかる場合があります。

「家庭画報」2019年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading