レシピ

前菜に、ワインのおつまみに。やりいかとブロッコリーのソテー

やりいかとブロッコリーのソテー

『PASTA』真中陽宙(著)

パスタがメインの献立のとき、副菜や前菜って、ちょっと悩みませんか? 結局いつも同じような葉物サラダになってしまいがち……という人のために、「アガペ カーザマナカ」真中シェフの著書『PASTA』では、多彩な前菜・サラダのレシピも掲載しています。その中から、本日は旬のやりいかとブロッコリーのソテーをピックアップしてみました。にんにくと赤唐辛子がきいた、風味のよい温野菜。食欲を刺激してくれて、次の料理が楽しみになる、優秀な前菜になります。ワインのおつまみにもぴったりの一皿ですし、分量を増やして作れば、これがメインにもなりそうですね。

【材料 2人分】
・やりいか(わたを抜く) 100g

・アンチョヴィのフィレ(刻む) 5g

・トマト 1個

・赤唐辛子(種を除く) 1/2本

・A [小房に分けて塩ゆでしたブロッコリー 60g/ケイパー 小さじ1/2/にんにくのみじん切り 大さじ1]

・パン粉 大さじ1

・パセリ 1/2本

・塩 小さじ1/3

・ピュアオリーブ油 小さじ2

・エクストラヴァージンオリーブ油 小さじ1

【作り方】
1:パセリの葉を摘み取って細かく刻み、水に1~2分ほどさらす。

2:1を茶こしなどにあけ、ふきんに移してきつく水気を絞る。パセリ1/2本分の葉で約大さじ1量に。

3:トマトは皮を湯むきして種を除き、2cm角に切る。いかは胴を2cm幅に、足をひと口大に切る。

4:フライパンにピュアオリーブ油を熱して赤唐辛子を炒める。アンチョヴィといかを加えて炒め、いかの色が変わったら塩を加える。

5:Aを加え、にんにくが淡く色づいたらパン粉をふる。仕上げにトマトとパセリのみじん切り大さじ1を加えてざっと炒めて火をとめる。器に盛り、エクストラヴァージンオリーブ油をかける。

「アガペ カーザマナカ」真中シェフの『PASTA』は、基本のトマトソース、オイルソースからクリーム系、煮込みソース、ニョッキ、リゾットまで、パスタ料理全100レシピ収録の決定版。「ちょっとしたことだけど、とても大事」というプロのテクニックも余すところなく紹介しています。

『PASTA』真中陽宙(著)

PASTA(世界文化社)
真中陽宙(著)
定価:本体1,600円+税

撮影/白根正治

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading