連載

世界に一つ。あなただけの“にほひ袋”を京都でオーダーメイド

にほひ袋と思えない個性的な商品がずらり

にほひ袋といえば、巾着型の小さなものを想像しがちです。しかし、店内のにほひ袋は干支や季節の花、招き猫など、デザインがさまざまで驚かされます。

石黒香舗 大村しげの記憶を辿って

十二支すべて集めたくなる、干支のにほひ袋。

石黒香舗 大村しげの記憶を辿って

代表的なにほひ袋。(左から)オーダーメイドの「極品」3024円(税込み)、既製品の「ひょうたん(小)」1188円(税込み)。

「お香のお店がたくさんあるなかで、にほひ袋専門はうちだけです。かつての商品の主流はたんすや掛け軸、人形用の実用的な防虫香と巾着型のお香袋でした。1989年(平成元)に新しい試みとして、柿の形のにほひ袋を作り始めたところ、好評で種類が増えていきました。にほひ袋はすべて京都製です」と女将の石黒洋子さん。

大村しげさんは石黒香舗のにほひ袋を「おみやげによろこばれるし、私はたんすに入れている」(『ほっこり京ぐらし』)と記述しています。石黒香舗には防虫香として「たんす用にほひ袋」があり、こちらは約10種の天然香木などを独自に調合したやわらかくほのかな香りが特徴。

石黒香舗 大村しげの記憶を辿って

5色の和紙に包まれた、たんす用にほひ袋(無地紙5個入り)。半透明の硫酸紙に包まれた状態で使用します。写真の箱入り1242円(税込み)のほか、箱なし1188円(税込み)もあり。5色すべて同じ香りです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading