連載

世界に一つ。あなただけの“にほひ袋”を京都でオーダーメイド

随筆家 大村しげの記憶を辿って 私だけの京都へ 第31回「石黒香舗」

石黒香舗 大村しげの記憶を辿って

随筆家 大村しげの記憶を辿って かつて、京都の「おばんざい」を全国に広めたお一人、随筆家の大村しげさんをご存じでしょうか。彼女が書き残した足跡を訪ねて、生粋の京女が認めた京都の名店や名品を紹介します。記事一覧はこちら>>

京都を旅するにあたり、京都ならではの場所や味に出会うために、私たちはなにを拠り所とすればよいのでしょうか。京都の情報を多数書き残した、随筆家・大村しげさんの記憶は、まさに京都を深く知るための確かな道しるべ。今回も彼女にまつわる名店を辿ります。

大村しげ大村しげ
1918年、京都の仕出し屋の娘として生まれる。1950年前後から文筆をはじめ、1964年に秋山十三子さん、平山千鶴さんとともに朝日新聞京都版にて京都の家庭料理や歳時記を紹介する連載「おばんざい」を開始。これをきっかけに、おばんざいが知れ渡り、大村しげさんも広く知られるようになる。以来、雑誌や著書で料理、歴史、工芸など、幅広く京都の文化について、独特の京ことばで書き残した。1990年代に車いす生活となったのを機にバリ島へ移住。1999年、バリ島で逝去。 撮影/土村清治

思わず足を止める三条通の香りとは?

京都の東西に長く走る三条通のなかでも、大村しげさんは烏丸通から河原町通の間を特に気に入っていました。彼女は著書でこのエリアの見どころを紹介するなか、次の一文を残しています。

「表までよい香りが流れてきて、思わず足を止める」(『ほっこり京ぐらし』淡交社)

足を止めた理由はお香の香り。にほひ袋の専門店・石黒香舗からよい香りが漂っていたのです。石黒香舗は1855年(安政2)創業で、現在5代目という歴史のあるお店。

石黒香舗 大村しげの記憶を辿って

三条通に面した石黒香舗。周辺には古い赤れんが建築が多く、大村しげさんは三条通を文明開化の通りと紹介しています。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading