レシピ

宮澤奈々 センスが光るおもてなしレシピ「まぐろとアボカドのピリ辛あえ」

素敵な演出のアイディア

柚子釜をバスケットに見立てて

柚子の香りも楽しめる柚子釜を、バスケットに見立ててアレンジ。韓国風の色合わせの水引で結び、おもてなしのテーブルを引き立てます。

(1)柚子はへたの部分を切り落とし、皮と果肉の間にナイフで切り込みを入れる。スプーンで果肉とわたをかき出す。

柚子の中央に印をつけて両側それぞれから切り口と平行に幅3ミリ程度の切り込みを入れる

(2)柚子の中央に印をつけて両側それぞれから切り口と平行に幅3ミリ程度の切り込みを入れる(写真上)。同様にもう1回3ミリ幅の切り込みを入れる。

切り込みを両側から中央に渡し、水引で結んでかごの取っ手のようにする

(3)切り込みを両側から中央に渡し、水引で結んでかごの取っ手のようにする(写真上)。

宮澤奈々(みやざわ・なな)

宮澤奈々(みやざわ・なな)

料理教室「C’est très bon(セ・トレボン)」主宰。家庭でも再現しやすい、アイディア満載のスタイリッシュなおもてなし料理が大人気。料理と器のスタイリングやテーブルコーディネートの提案、器の監修も手がける。

料理/宮澤奈々 撮影/角田 進

「家庭画報」2019年2月号掲載「宮澤奈々 センスが光るおもてなしレシピ」を再構成したものです。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading