レシピ

本日は野沢菜の日。野沢菜納豆を副菜に、野﨑洋光さんの一汁二菜献立

野沢菜納豆(写真奥)

『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳 「分とく山」の永久保存レシピ』野﨑洋光・幕内秀夫(著)

信州地方の特産物である野沢菜漬けは、おいしいうえに整腸作用のある乳酸菌が含まれている発酵食品なので、健康にもいい優れた食品です。本日はそんな「野沢菜の日」なのだそう。そこで、「分とく山」野崎洋光総料理長による、野沢菜を使った一品を含めた献立をお届けします。

「帆立と大根の吉野煮」を主菜に、納豆に細かく刻んだ野沢菜と玉ねぎを混ぜた「野沢菜納豆」の副菜と「油揚げとかきの味噌汁」を合わせたバランスの良い一汁二菜です。

納豆と漬け物は発酵食品同士なので相性が良く、組み合わせるととてもおいしくなります。甘みが増してきた大根の煮物は帆立からいい旨みが出るので、だし汁はいらず昆布だけで十分。味噌汁も、かきと味噌の旨みと油揚げのコクがあるので、だし汁は不要ですよ。『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳』より。

【材料 2人分】
・野沢菜、納豆 各100g

・玉ねぎ 50g

・醤油 適量

【作り方】
1:野沢菜は細かく刻み、水の中で軽くもみ、水気を絞る。

2:玉ねぎはみじん切りにし、水にさらし、水気を拭き取る。

3:1、2、納豆を混ぜ合わせ、醤油で味をととのえる。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading