連載

今年の十五夜はいつ? 昔の月見は女子会だった?

いまもおくどさんで炊く自家製あんこ

中村軒の人気の理由にあんこの美味しさが挙げられます。あんこは自家製で、作っている様子を見学して驚きました。なんと、いまもおくどさん(かまど)に薪を燃やして炊かれているのです。ガスでは最適な火加減にならないため、薪を使用していて、火持ちの良さと絶妙な火力を得るためにくぬぎの薪と決めているとのこと。また素材は北海道産の上質な小豆を選んでいます。こうした熱意が美味しさの秘密といえましょう。

おばんざい 大村しげの愛した店「中村軒」上質な砂糖とゆで上がった小豆を窯で混ぜ合わせて炊きます。

おばんざい 大村しげの愛した店「中村軒」職人がつきっきりで火加減を見ながらの作業です。

十五夜には月に願い事を

大村しげさんは次のようにも書いています。「お月さんにはおだんごと、子いもと、すすきを備えて、わたしはいつも願い事をする。どうぞ日々変わりがございませんように、と」(『冬の台所』冬樹社)。

毎年、中秋の名月を欠かさないという方は、めっきり少なくなってしまったのではないでしょうか。今年の十五夜は9月24日。風流に月を眺めるもよし、「花よりだんご」で月見だんごをパクつくもよし。楽しみは人それぞれですが、家族や友人と集まり、彼女のように願い事をすれば、きっとお月見が新鮮に感じられるはずです。

Information

中村軒

京都府京都市西京区桂浅原町61

TEL 075‐381‐2650
営業時間 7時30分~18時(茶店は9時30分~17時45分LO)
定休日 水曜(祝日の場合は営業)

https://www.nakamuraken.co.jp/

川田剛史/Tsuyoshi Kawata

フリーライター

京都生まれ、京都育ち。ファッション誌編集部勤務を経てフリーライターとなり、主にファッション、ライフスタイル分野で執筆を行う。近年は自身の故郷の文化、習慣を調べるなか、大村しげさんの記述にある名店・名所の現状調査、当時の関係者への聞き取りを始める。2年超の調査を経て、2018年2月に大村しげさんの功績の再評価を目的にしたwebサイトをスタートした。
http://oomurashige.com/

取材・文/川田剛史 撮影/中村光明(トライアウト)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading