レシピ

毎月28日は「鶏の日」。むね肉は余熱で火を通せばしっとりやわらか

【作り方】
1:鍋に湯を沸かして酒を入れ、鶏むね肉を入れて火を止める。蓋をして、そのまま30分ほどおく。鶏肉に火が入り、粗熱が取れたら、繊維に沿って裂く。ザーサイは薄切りにし、細く切る。

2:鍋に湯を沸かし、塩少々を入れ、さやいんげんをさっとゆでる。縦半分に切ってから4~5cm長さの斜め切りにする。1とともにボウルに入れる。

3:花椒はすり鉢に入れてすりこ木で軽くすり潰し、小さめのボウルに入れる。

4:しょうがオイルを作る。しょうがはごく細いせん切りにする。小さめのフライパンにごま油とともに入れる。弱火にかけ、しょうがから香りが立って縮れてくるまで加熱したら完成。あつあつのうちに、3の花椒のボウルに注ぎ、塩小さじ1/2、しょうゆ、酢を加えて混ぜる。

5:2に4の和えだれを加えてざっくりと和える。

肉に魚、そして野菜。それぞれのうまみや香り、食感を大切に和えることで、いつものおかずをとびきりおいしい一品に。和えものをこよなく愛する料理家・坂田阿希子さんが、独自の発想で提案する67のレシピ。和風だけでなく、洋風、エスニックに中華と味わいのバリエーションも豊富です。これまでにない、新鮮な組み合わせの和えものが満載。ぜひ和えものの楽しさ、新たなおいしさを体験してください。

『和えるおかず』坂田阿希子(著)

和えるおかず(世界文化社)
坂田阿希子(著)
定価:本体1,300円+税

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading