レシピ

フランスの家庭の味です。アンディーヴを使った本格グラタン

【作り方】
8:アンディーヴは縦半分に切り、芯の固い部分は斜めに切り込みを入れて取る。

『「銀座レカン」高良康之シェフが教える フレンチの基本』高良康之(著)

 

9:鍋に8の断面を下にして並べる。鶏のフォンを注いでバターを散らし、塩少々を振る。紙蓋をして中火にかけ、バターが溶けて沸いたら火を少し弱めて15分ほど煮る。芯を取ってあるので、均一に火が入る。フォンの旨味とバターのコクを吸わせるように加熱したら紙蓋を外して火からおろし、バットにあげて余分な汁気をきる。

『「銀座レカン」高良康之シェフが教える フレンチの基本』高良康之(著)

『「銀座レカン」高良康之シェフが教える フレンチの基本』高良康之(著)

 

10:9をロースハムで巻き、耐熱容器に並べ、上からモルネーソース全量をかける。アンディーヴとハムが見えないように覆い、200℃に予熱したオーブンで焼く。すべて火が入っているので、強火で焼き、表面にいい焼き色がつけばよい。

『「銀座レカン」高良康之シェフが教える フレンチの基本』高良康之(著)

 


代々著名なシェフを輩出してきた老舗フレンチ「銀座レカン」。本書は6代目料理長・高良康之氏(2017年9月から料理長は渡邉幸司氏)による「基本のフレンチ」のレシピブックです。素材も身近なシンプルなものを用いながら、伝統に培われたフレンチの基礎をひと皿ひと皿、丁寧に作り、味付けのコツやテクニックの極意を語ります。工程写真も多数。誌上スーパーシェフレッスンという一冊でまさに保存版。

『「銀座レカン」高良康之シェフが教える フレンチの基本』高良康之(著)

高良康之(著)
定価:本体1,800円+税

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading