レストラン

口コミで人気上昇中。古都・奈良に誕生した女性好みの雅な日本料理店「奈良 而今(にこん)」

京都の人気割烹「祇園 にしかわ」の二番手だった清水唱二郎さんが生まれ故郷に帰り、近鉄奈良駅の近くにお店を構えました。塗りのカウンターやおくどさん、茶釜がしつらえられた風情のある空間で、師匠譲りの目にも美しい料理がコースで楽しめます。

「八寸は歳時に則った趣向、お椀はいちばん大事にしているだしのうまみ、造りはいい魚を包丁の切れ味とともに味わってもらいたい」と清水さん。 一品一品に腕をふるい、ご飯はお客さまごとに土鍋で炊き、最後は抹茶と自家製の菓子が出されます。写真は鼓と横笛の器に白魚や貝類、山菜や春野菜の料理を盛った春の八寸(手前2品)と「鮑とうぐいす豆腐の煮物椀」(奥)。テーブル個室とお座敷もあります。昼は5000円、夜1万円~。要予約。

Information

奈良 而今(にこん)

奈良市鍋屋町3

TEL 0742-31-4276
営業時間 12時~13時(入店。金曜~日曜のみ)、18時~20時30分(入店)
定休日 水曜・毎月最終火曜定休

http://naranikon.com

『家庭画報』2017年4月号掲載
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading