レストラン

秋のおすすめは“白味噌鍋”、自由に選べる一品料理をお好みで。京都「割烹しなとみ」

「心を調える」秋 京都で新体験 第25回(全30回) 時代の変わり目、何かと心がざわめき、心が調(ととの)わないと感じる日々が続きます。今、私たちに必要なのは、心をからっぽにし、頭を整理する時間です。自分の心に、自分の人生に深く残る何かを求めて、日本の心の原点、京都に旅立ちます。前回の記事はこちら>>

この秋に行きたい新・美味処

注目の新店をご紹介します。旅のプランに合わせて選ぶ美味処で、古都の秋をご堪能ください。

割烹しなとみ(寺町丸太町)

割烹しなとみ
【秋のおすすめ】手前から、銅鍋で供される「九条ねぎと牛肉の白味噌鍋」3500円。季節で野菜が替わり、夏は賀茂茄子、冬は海老芋の組み合わせに。松茸を鱧で巻いた「鱧と松茸のフライ」時価。昆布塩が添えられるが、地元客の中にはウスターソースをリクエストする人も。昔ながらの仕事を施した、頭も骨もいただける「子持ち鮎の柔らか煮」1600円。

[一品料理]定番の丸鍋から秋の旬の味までお好みで選べる

長年、京都の板前割烹に勤め、日本料理の知見を深めてきた店主の高橋集一さん。閑静な御所東の一角に2021年4月にオープンした「割烹しなとみ」では一品料理を30種類ほど揃え、サービス担当の奥さまの綾子さんと二人でカウンターに立ちます。

割烹しなとみ

白のシャツ姿でスッキリとしたカウンターに立つ、高橋集一さん。

「京都の割烹の仕事を引き継ぐ、昔ながらの料理を心地よく味わっていただくのがうちのスタイル。品数も注文の順序も気にせず自由に選んでください」と語り、量の加減やおまかせにも細やかに対応。

半日かけて仕込む丸鍋や滋味深い白味噌鍋は食べ頃を長く楽しめるように炭火で温めます。地元客に人気のフライは、牛カツや鱧松フライといった素材重視のシンプルな仕立てに。

割烹しなとみ
【定番】手前から、わさび醬油でいただく「京都産黒毛和牛のカツ」3500円。お酒のつまみとしてもよし、白ご飯と赤だしと一緒に定食風に味わうもよし。パリパリの皮としっとりとした身が絶妙な「ぐじ唐揚げ」2000円、生姜の香りを効かせたすっぽんの「丸鍋」2500円。希望すれば、鍋の後に雑炊に仕立ててくれる。ぐじは炭焼きでも楽しめる。

留めのご飯や甘味のあんみつにも実直な仕事が見て取れ、器にもご夫妻のセンスや思いが感じられます。初来店ならば、料理はお二人の采配に委ねるのもおすすめ。一人客でも肩肘張らず、会話を楽しみながらゆっくりゆったりと過ごせます。

Information

割烹しなとみ(かっぽうしなとみ)

京都市上京区信富町315-4

TEL 075(366)4736
営業時間 17時30分〜20時(最終入店)
定休日 木曜・月2回不定休
  • 要予約
    一品料理のほかコース1万4300円〜(2日前までに要予約)

〔特集〕「心を調える」秋 京都で新体験

01 京都で新体験

02 歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都で“禅の心”に触れる

03 中村隼人さんが実践!掃除は「動く禅」、松山大耕さんに学ぶ“禅の教え”

04 禅画に学ぶ「禅の教え」と、1日5分「坐禅の仕方」

05 「パーク ハイアット 京都」で新体験

06 辻留 京都店主人・平 晴彦さんに学ぶ。「紅葉狩り弁当」作りの心得 三か条

07 折詰に料理を詰める際のコツも。“紅葉狩り弁当”の盛りつけ手順

08 辻留 京都店主人に教わる「“紅葉狩り弁当”献立レシピ」

09 京都・平安神宮神苑で「名庭」を観る

10 植治次期12代 小川勝章さんに学ぶ。庭の骨格は、石と常緑樹にあり

11 芸術の秋を満喫!「アマン京都」のアートな特別プラン

12 京都で朝の坐禅を体験!「注目ホテル」の体験プラン

13 京都・紅葉の季節に貸し切りで、寺社を特別に拝観

14 京都在住の著者がすすめる「あまり知られていない、とっておきのスポット」6選

15 京都在住の著者がすすめる「とっておきの食事処」

16 京都在住の著者がすすめる「女性同士で行くのにとっておきのバー」

17 京都在住の著者がすすめる「とっておきのお土産」

18 祇園で味わう王道の京料理「凌霄」

19 京都「おが和」で味わい深い“秋のご馳走”を

20 話題の一軒「ひがしやま司」おまかせコースで秋を堪能

21 秋の味覚を揚げたての天ぷらで。京都・西陣の志高い一軒「天若」

22 京都「京、静華」で洗練の中国料理を

23 京都「ミドル (middle) 」和素材のフレンチを

24 祇園の名割烹・祇園又吉の姉妹店「また吉」

25 自由に選べる一品料理。京都「割烹しなとみ」


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年10月号

『家庭画報』2022年10月号

撮影/伊藤 信 取材・文/西村晶子

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading