レストラン

この秋に行きたい京都の新・美味処。祇園で味わう王道の京料理「凌霄(りょうしょう)」

「心を調える」秋 京都で新体験 第18回(全30回) 時代の変わり目、何かと心がざわめき、心が調(ととの)わないと感じる日々が続きます。今、私たちに必要なのは、心をからっぽにし、頭を整理する時間です。自分の心に、自分の人生に深く残る何かを求めて、日本の心の原点、京都に旅立ちます。前回の記事はこちら>>

「おまかせ」で楽しむ、「一品料理」で遊ぶ。この秋に行きたい新・美味処

注目の新店を「おまかせ」と「一品料理」の2つのタイプに焦点を当ててご紹介します。京都ならではの洗練された和食、新味に出合える中国料理やフレンチをおまかせコースで楽しむもよし、一品料理やおばんざいを自在に組み合わせて楽しむもよし。旅のプランに合わせて選ぶ美味処で、古都の秋をご堪能ください。

凌霄(祇園)

凌霄

「凌霄」の煮物椀。葛打ちした淡路産の鱧と松茸を、鱧の骨を焼いてとっただしと一番だしの合わせだしですまし仕立てに。京料理の王道の味を継承し、京の秋を象徴する一品。

[おまかせコースで楽しむ]
新趣と新味を取り入れた、王道の京料理を祇園で味わう

凌霄

先付の「伊勢海老の生揚げ」は、高温で素揚げしたレア状態の伊勢海老と焼きかぶを盛り合わせたもの。揚げた伊勢海老の香ばしさに、卵黄を加えたソースを添えていただく。

「祇園丸山」で13年修業を重ねた後に自店を構え、その後、高台寺「十牛庵」の料理長を務めた藤原 誠さん。2022年1月、老舗が居並ぶ祇園の中心に、志新たに「凌霄」をオープンし、カウンター8席でお客さまをもてなします。

凌霄
趣ある坪庭を備えたカウンターでもてなす藤原 誠さん。元お茶屋だった日本家屋を数寄屋建築の名工「中村外二工務店」の監修のもとで改装。

長年携わってきた京料理の王道を軸に、それに縛られないアプローチも試み、「これまでは伝統を忠実になぞる仕事が多かったのですが、今は自分がおいしいと思う料理で季節を感じてもらい、印象を残せたら」と語ります。

目の前で仕上げる割烹ならではのライブ感を大事に、時には新しい味や盛りつけで感動を誘います。なかでも、和食と違った手法を取り入れているのが先付と焼き物。

かつてフランス料理店「ひらまつ」の厨房で体験したことをヒントに、伊勢海老は一瞬の火入れで最大のおいしさを引き出し、鴨にはふくよかな旨みの甘辛のソースが添えられます。「ちょっと遊びすぎですか?」といいつつも楽しげな藤原さん。ベテランの挑戦は始まったばかりです。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

Information

凌霄(りょうしょう)

京都市東山区祇園町南側570-166

TEL 075(541)3557
営業時間 11時30分〜13時、17時〜20時(ともに最終入店)
定休日 不定休
  • 要予約 コース2万5000円〜

〔特集〕「心を調える」秋 京都で新体験

01 京都で新体験

02 歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都で“禅の心”に触れる

03 中村隼人さんが実践!掃除は「動く禅」、松山大耕さんに学ぶ“禅の教え”

04 禅画に学ぶ「禅の教え」と、1日5分「坐禅の仕方」

05 「パーク ハイアット 京都」で新体験

06 辻留 京都店主人・平 晴彦さんに学ぶ。「紅葉狩り弁当」作りの心得 三か条

07 折詰に料理を詰める際のコツも。“紅葉狩り弁当”の盛りつけ手順

08 辻留 京都店主人に教わる「“紅葉狩り弁当”献立レシピ」

09 京都・平安神宮神苑で「名庭」を観る

10 植治次期12代 小川勝章さんに学ぶ。庭の骨格は、石と常緑樹にあり

11 芸術の秋を満喫!「アマン京都」のアートな特別プラン

12 京都で朝の坐禅を体験!「注目ホテル」の体験プラン

13 京都・紅葉の季節に貸し切りで、寺社を特別に拝観

14 京都在住の著者がすすめる「あまり知られていない、とっておきのスポット」6選

15 京都在住の著者がすすめる「とっておきの食事処」

16 京都在住の著者がすすめる「女性同士で行くのにとっておきのバー」

17 京都在住の著者がすすめる「とっておきのお土産」

18 祇園で味わう王道の京料理「凌霄」


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年10月号

『家庭画報』2022年10月号

撮影/伊藤 信 取材・文/西村晶子

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading