美味手帖

スパイスの力に注目!夏にカレーが食べたくなるには理由があるんです

「家庭画報ショッピングサロン」パンダ社長の「おいしく暮らすヒント」

雑誌『家庭画報』編集部で料理班に在籍四半世紀のパンダ社長が、厳しい目で選んだとっておきの「おいしいお取り寄せ」を熱狂的にお勧めするコラムです。一覧はこちら>>

夏→暑い→カレーが食べたい。には理由があるんです!

夏→暑い→カレーが食べたい。には理由があるんです!

私は夏になると「お蕎麦屋さんのカレー」が無性に食べたくなります。そばつゆやだしを使ったまったりしたルー、豚バラ肉と玉ねぎ、にんじんのシンプルな黄色いカレー。食欲のないときでも不思議と食べきってしまいます。

皆さんも夏になると「なんとなくカレーが食べたいなぁ」と思いませんか?本格的なインドカレーや欧風カレー、あるいは母が作ってくれた懐かしいカレー。種類は違えどカレーを欲するのには、ちゃんと理由があるんです。

夏にカレーが食べたくなる理由

カレーを食べると涼しくなる?!

カレーに使われる数々のスパイス。クミン、カルダモン、コリアンダー、ターメリック(うこん)、シナモン、クローブなどなど。それに唐辛子。唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれており、発汗作用があります。カレーを食べると汗が出る。そうすると汗の気化熱で肌の表面温度が下がる。だからカレーを食べると涼しさを感じることができるんです。

そのほかいろいろなスパイスにはそれぞれ薬効があって、クミンやカルダモン、コリアンダーなどにも体を温めて汗をかきやすくしてくれる効果があります。加えてスパイス類には整腸・食欲増進・消化促進などの効果もあり、まさに「食べて夏バテ防止」できる優れものです。

夏にカレーが食べたくなる理由

スパイスの効果に加え栄養バランスもいいカレーは夏バテ予防の最強フード

カレーのおいしさは複合的な味で構成されていることもあるのではないでしょうか。ルーにはスパイス類のほか、にんにくやしょうが、炒め玉ねぎなど。具材には野菜や肉あるいは魚介類。

また、隠し味としてトマトやレモン、果物類などを入れられる方もいらっしゃいます。つまりカレーはひと皿でたんぱく質やビタミン、食物繊維など栄養バランスも整った夏の最強フードともいえるのです。

中澤パンダ社長

中澤パンダ社長月刊誌『家庭画報』編集部の料理班を率いること約20年。おいしいものを食べること、人に勧めることが人生最大の喜び。現在、「家庭画報ショッピングサロン」の運営会社の代表取締役社長。

家庭画報のごちそう便「Delicious」デジタルカタログはこちら>>

家庭画報ショッピングサロン>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading