レシピ

甘みを引き出したポロねぎを、香り高きマヨネーズで楽しむ「ポロねぎのグリル」のレシピ

スウェーデンの夏を味わうおもてなし 第7回(全8回) 世界各国、夏を満喫する術はそれぞれありますが、とりわけ北欧諸国は、寒さ厳しい冬が長いぶん、太陽と自然の恵みを享受できる夏に特別な思いがあります。駐日スウェーデン大使夫妻のおもてなしの食卓から、スウェーデンの夏を旅する気分でお届けします。前回の記事はこちら>>

大使公邸専属シェフが教える「夏のおもてなしレシピ」

大使公邸専属シェフが教える 夏のおもてなしレシピ
ヨハン・アールステットさん
ストックホルムの一つ星レストラン「Restaurang L’Escargot」などでスーシェフを務める。パリやコペンハーゲン、ニューヨークの数々のレストランでも豊富な経験がある。伝統的なスウェーデン料理のほか、モダンな趣向を取り入れた料理も得意とする。

ポロねぎのグリルとラムソンのマヨネーズ

ポロねぎのグリルとラムソンのマヨネーズ

甘みを引き出したポロねぎを香り高きマヨネーズで楽しむ

材料:4人分

■ポロねぎのグリル
ポロねぎ 2〜3本

■ラムソンのマヨネーズ
卵黄 1個分
フレンチマスタード 小さじ1
赤ワインヴィネガー 小さじ2
ラムソンのオイル※ 100ml
塩 5グラム

■仕上げ
ラムソンのオイル※ 適量
塩・こしょう 各適量
チャービル 適量

※「こはだのレモンハーブマリネ」の項目参照。

作り方

1 ポロねぎをグリルパンでグリルする。食べやすい長さに切る。

2 ボウルで卵黄、フレンチマスタード、赤ワインヴィネガーを混ぜ合わせる。

3 2に、ラムソンのオイルを、泡立て器で攪拌しながら少しずつ加えて乳化させる。塩で味をととのえる。

4 1をラムソンのオイル、塩・こしょうであえ、皿に盛る。

5 3を添え、チャービルを飾る。ラムソンのオイルを点々とたらす。

撮影/阿部 浩 取材・文/柴田 泉

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading