美味手帖

6月6日は「梅の日」。おいしくて体にもいい梅のお取り寄せ4選

「家庭画報ショッピングサロン」パンダ社長の「おいしく暮らすヒント」

雑誌『家庭画報』編集部で料理班に在籍四半世紀のパンダ社長が、厳しい目で選んだとっておきの「おいしいお取り寄せ」を熱狂的にお勧めするコラムです。一覧はこちら>>

6月6日は梅の日

梅の力はあなどれない!この時期の不調に梅を一粒いかがでしょう

梅の日の由来は室町時代にさかのぼります。後奈良天皇が賀茂神社の例祭(現在の葵祭)で当時貴重な梅を奉納し神事をおこなったところ、日照り続きが解消され雨に恵まれた故事にちなんでいます。後奈良天皇が梅を奉納したのが天文14(1545)年4月17日でこれは現在の6月6日にあたります。

またこの雨で豊作となったことからこの慈雨を「梅雨」とよび、福をもたらす梅を贈り物にするようになったとか。これがお中元の起源ともいわれています。

6月6日は梅の日

美肌効果、むくみ解消。女性に嬉しい梅パワー

梅の効能はたくさんあります。疲労回復、食欲増進、カルシウムや鉄分の吸収の促進に殺菌作用などなど。

まず体のバランスを整えるミネラルのうち鉄分やカルシウムが豊富。クエン酸は疲労回復や疲れにくい体作りに。殺菌作用にも優れ、お弁当に一粒の梅干しは理にかなっているんです。このクエン酸は新陳代謝を促し体内の老廃物排出も促します。

ほかにもいろいろと体にいいことがある梅、積極的にいただきましょう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading