レシピ

今日は鏡開き。京都「和久傳」直伝、白小豆のぜんざいをどうぞ

白小豆のぜんざい

『京都・和久傳料亭のできたて甘味』紫野和久傳(監修)・関谷江里(文)

撮影:ハリー中西

地域によって違いはありますが、本日が鏡開きというところが多いでしょう。お正月に神仏にお供えした餅を、しるこや雑煮などにしていただくこの日、京都の料亭「和久傳」直伝の、白小豆のぜんざいのレシピをご紹介しましょう。大粒で上質な大納言小豆よりも、さらに稀少な白小豆のおいしさをたっぷりと味わう贅沢なおぜんざいです。
ていねいにふっくら煮た白小豆の炊きたての香りのよさは格別。熱々がたまらない一杯をどうぞ。『京都・和久傳 料亭のできたて甘味』より。

【材料 作りやすい分量】
・白小豆 250g

・白ザラメ糖 330g

・塩 少々

・水 適量

・丸餅 適量

家庭画報 最新号

家庭画報2018年2月号表紙

2018年2月号 12月29日(金)発売!

極上の湯宿、「国宝」誌上独占公開、開運・招福術ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading