レストラン

遊び心溢れる演出とともに、和の食材をモダンキュイジーヌで

壁もカウンターもグレー一色のモダンかつ無機質な店内ですが、中央のオープンキッチンでシェフ・生井祐介さんが生み出す料理ひと皿ひと皿が運ばれるたびに空間に息が吹き込まれます。

写真下のスペシャリテ、さんまやいわしなど旬の青魚の一品(手前)やアミューズのオマールボール(奥)のように、ほとんどの料理が最初は主役の食材が見えません。そこから食べ進めるうちに主役となる食材が現れ、香り、うまみとともに料理の意図が明快に伝わり、幸せな気持ちへと導いてくれます。

日本の旬味をイノベーティブな演出で楽しむ、東京のフレンチの今を感じる一軒です。ランチ6000円、ディナー1万3000円。カウンターがメインのお店ですが、個室、半個室のテーブル席もあり。要予約。

Information

Ode(オード)

東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾2階

Lunch 12時~13時(最終入店)
Dinner 18時~21時(最終入店)
定休日 日曜

http://restaurant-ode.com/

表示価格はすべて税抜きです。

「家庭画報」2018年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

家庭画報 最新号

2018年5月号 3月31日(土)発売!

理想の「豪邸」拝見、シャンシャンに会いたい!ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading