美味手帖

福井県の名産品がビーガンスタイルのカフェメニューに!「ゴディバ カフェ」の新感覚アレンジ提案

禅の心「ZEN」に惹かれ、学生時代に福井県にある大本山永平寺へと訪れたゴディバ ジャパン代表取締役社長ジェローム・シュシャン氏。その時のご縁がきっかけで、ゴディバカフェ×福井県によるコラボレーションが実現しました。今回は、福井県の食材の魅力とともに、ゴディバカフェの店頭で実際に販売し、好評だった6つのアレンジメニューを紹介します。前回の記事を読む>>

※コラボレーションメニューは2021年2月27日(土)~3月21日(日)までの期間限定で実施しました。現在は販売を行っておりません。

メニューを考案して知った
魅力あふれる福井県の食材

談/工藤 郷(ゴディバカフェ事業部 キッチンマネージャー)

当初、福井県の食材の事前知識があまりなかったのですが、パンフレットを見れば、この食材が日本で手に入るんだ、ぜひ使いたいと思う魅力的な食材が本当にたくさんあって驚きました。

今回、テーマとして据えたのが「ZEN」です。元々、シュシャン社長が禅に興味があって福井県にある永平寺を訪ねたところから始まった企画ですので、禅の修行を行う永平寺、その地で食べられている精進料理。このビーガンフードであることを前提に、「福井県の食材×禅×ゴディバカフェ風にアレンジ」の3つを軸にメニューを考えました。

もう一つ、コラボメニュー開発にあたって意識したことは、食材をできる限り手を加えずに使用することでした。福井県で長年、人々の間で愛され、食べ方も根付いてきたものを大きくアレンジしては生産者の方への冒涜になってしまうと思ったからです。

今回のコラボレーションで、福井県の食材の面白さをたくさん知ることができました。ぜひ、福井の作り手の方々や風景を思い浮かべながら記事をお読みいただければと思います。

福井県の9つの食材をゴディバカフェがアレンジ!
新感覚の「ビーガンスタイルのカフェメニュー」に

コンセプトは「ZEN」。修行僧が食べている精進料理をイメージし、ゴディバカフェのシェフがアレンジ。和と洋が融合した新感覚のメニューです。

福井県の食材1.青豆豆乳

坂井市春江町産の青大豆で作られた豆乳。一度、冬のあられに当ててから収穫された青豆は、身も引き締まり、甘みがぐっと増す。

福井県の食材2.九頭竜まいたけ

香り、重量感、歯ごたえなどすべてが最上級の舞茸。山間部の澄んだ空気と霊峰白山から流れ出る冷涼でまろやかな水が豊富な地域で栽培され、その美味しさは、目を見張るものがある。

ゴディバカフェ流・アレンジ
「九頭竜まいたけと青豆豆乳のシチュー」

「九頭竜まいたけは、香り、旨み、食感も抜群、お肉に全然負けないメイン食材です」

お肉の代わりの食材として巡り合えたのが九頭竜まいたけ。大野市特産の舞茸で、重量感だけでなく、香り、歯ごたえ、旨みが抜群。じっくり低温で火入れすることでさらに深い味わいに。乳製品の代わりは、希少な青大豆で作られたとろみがありつつ、すっきりとした味わいの青豆豆乳を使用。カカオペッパーがアクセント。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading