• TOP
  • カルチャー&ホビー
  • お年玉の語源は歳魂(としだま)歳神様からの授かりもの【残したい日本の行事・1月】絵・文/鮫島純子

カルチャー&ホビー

お年玉の語源は歳魂(としだま)歳神様からの授かりもの【残したい日本の行事・1月】絵・文/鮫島純子

2020.12.25

  • facebook
  • line
  • twitter

歳神様からの授かりもの


お年玉
神から賜る“生命力”


絵・文=鮫島純子(エッセイスト)

日本に古くから伝わる“しきたり”は人々の自然や神に対する感謝、畏れ敬う心が形になって表れたものと聞いています。


例えばお年玉の語源は歳魂(としだま)で、歳神様から授かる魂、つまり生命力の象徴という意味があります。

歳魂は神棚に供えたお餅や米に宿ると考えられていました。古くはそれらの供物を家長が歳神様から頂き直し、お年玉として家族に贈りました。

今は親や祖父母などから子どもたちにお金を贈る形が一般的です。その折にはお年玉の由来や目上の方に対するお行儀、感謝の心をともに伝えたいものです。

残したい日本の行事

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事