• TOP
  • 国内
  • 京都特集の担当編集が語る『京都取材の醍醐味 ~春~』

国内

京都特集の担当編集が語る『京都取材の醍醐味 ~春~』

2017.02.09

  • facebook
  • line
  • twitter

『家庭画報』20173月号の創刊60周年記念大特集『京都の醍醐味』はご覧いただけましたでしょうか。四季がはっきりしている日本において、人々の暮らしはその季節に寄り添い、家々では行事が営まれてきました。古より続くこの国の美しい暮らしを守り伝承している、京都の4人の女性とそのお家の暮らしを取材したこの特集。家庭画報.comでは、住むように2016年を京都で過ごした中澤編集長代行が語る、京都取材の歳時記をお届けします。



今回の特集は、2015年の暮れから準備を始め、春のページにご登場いただいた京舞井上流5世家元 井上八千代さんの取材から、2016年の12月まで続きました。何度京都を訪れたか思い出せないくらいですが、一年をかけて取材をしていくことで季節ごとの、その季節にしか出会えない美しい京都の姿をページにすることができたと感じています。



春の舞、「都をどり」が本番を迎えるまで


実に京都らしい、華やかな舞――。都をどりは、井上さんが振付けや指導、全体の束ね役を務める歌舞練場でのお稽古から取材させていただきました。厳しい教えの中で、必死に練習を重ねていく。1か月のお稽古を見ていると、皆さんが明らかに上達していくのがわかります。





来る日も来る日も続くお稽古を重ねて迎えた本番。祇園甲部の芸舞妓の晴れ舞台である都をどりは、四季を凝縮した絢爛たる舞物語が楽しめます。お稽古から見続けてきた私も、もはや母のような気持ち……。美しい京都の春の舞を、ぜひ誌面でご覧ください。

 
--{桜にあわせて選ばれたきもの、そしてみごとな帯……}--

 


井上八千代さんと巡る、京都の桜と美味


都をどりの初日頃に見ごろを迎える円山公園の枝垂れ桜。お忙しい中、井上八千代さんと長女の安寿子さんに早朝の桜を楽しんでいただきました。とはいえ、自然というのは予測不能なもの。開花予想が撮影日にぴたりと当たるとはかぎりません。桜の本当に美しいときは2~3日ともいわれます。被写体である桜のご機嫌をうかがいつつ迎えた撮影当日。晴れ渡る空の下、満開の桜と美しい母娘のひとときを映すことができた安堵感は、今でも忘れられません。


誌面未掲載の写真を少しご紹介します。桜にあわせて選ばれたきもの、そして帯のみごとなこと……。円山公園を訪れる際には、必ず八坂神社を参拝されるという井上さん。

 
--{井上さんが長年通うお店、中澤編集長代行のお気に入りスポットとは}--


花街・祇園は名店や人気店が集まる美食の街。誌面では、井上さんが長年通うお店やお気に入りの一品も教えていただきました。なかでも、たまご好きな私のおすすめが「やまもと喫茶」(京都市東山区白川北通東大路西入ル石橋町307-2 TEL:075-531-0109)の焼きたまごサンド 600円。注文を受けてから卵を焼き、パンをカットして作ります。

京都取材の醍醐味~春~

仕事の都合もあり、滞在中に必ず行く場所というのはなかなかありません。ですが仕事の流れで立ち寄る、ふと眺める桜や紅葉の美しさには時を忘れそうになります。私はとくに京都御苑南禅寺、京都吉兆 嵐山本店の前の道から眺める桜などが好きです。“そうだ、京都に来ているのだ”と感じさせてくれる――。京都取材の醍醐味は、ふと訪れるそんな瞬間にあるような気がします。

京都だけでなく、取材はいつも時間とのせめぎあい。慌しい取材日程を終えて、飛び乗る新幹線の車内。少しだけほっとできるこの時間も、私にとっては京都取材の醍醐味かもしれません。なんせ京都は美味しい旅のお供の宝庫。たまご好きの私の定番は、やはりたまごサンドです。いくつかのお気に入りたまごサンドを、そのときの気分でチョイスしています。そのひとつが「オレノパン オクムラ 京都駅店」。ほかにもありますが、それは次回の~夏編~でご紹介します。
『家庭画報』20173月号掲載 この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事