きものダイアリー

笹島寿美先生直伝! 美しいきもの姿の決め手“裾美人”でいられる秘訣

2019.12.27

  • facebook
  • line
  • twitter

着くずれ知らず! 笹島式・ずっと裾美人でいられる腰ひもの結び方


1.腰ひもを身体の右の腰骨に当てる。ちなみに幅広の腰ひもは身体の動きによくなじむのでおすすめだそうです。

2.右の腰骨から左の腰骨に腰ひもを渡す。腰ひもの中央は、おへその下から前下がりのラインになるよう、身体にピタリと付ける。

3.腰ひもを後ろにまわす。第4腰椎の位置にひもをあて、中心から少しずれたところで交差させて締める。


4.手を持ち替え、後ろで左右に引いて前に回し、一巻き目と重ねる。ずれると緩むので注意する。

5.前にまわしたひもを左右のいずれかの腰骨で結ぶ。動かない腰骨の上で結ぶことで、腰より下の身頃が綺麗なまま安定します。腰ひもはおへその下から骨盤の上を通り、後ろは第4腰椎を通るようにして結びます。

骨格を意識する着付けということは、体型別ではないということ。先生の着付けはほっそりさんにもふくよかさんにも適している、すべての人の参考になる着付けの方法なのです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 20

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 20

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事