• TOP
  • アート
  • 朝吹真理子さんの初めてのエッセイ集『抽斗(ひきだし)のなかの海』

アート

朝吹真理子さんの初めてのエッセイ集『抽斗(ひきだし)のなかの海』

2019.11.13

  • facebook
  • line
  • twitter

〔今月の本〕

『抽斗(ひきだし)のなかの海』


『抽斗(ひきだし)のなかの海』

朝吹真理子 著/中央公論新社

デビューから10年、朝吹真理子さんの初めてのエッセイ集。


吉田健一、大江健三郎、金井美恵子をはじめ、敬意を抱いている文学者や音楽、アートについての細部まで目配りされた文章からは、自身の小説にも通底する嗜好やセンスが伝わり、「たこ焼きとバーボンチェリー」や「臍の受難」などのエッセイを読めば、そのクールな印象とのギャップに頰が緩む——そんな本書で特筆すべきは、各エッセイを読み返した朝吹さんが「小さな応答」という短文を寄せている点だろう。

“作品は、何もないところから生まれるのではなく、すでにある作品への応答という気がしている”という著者の現在や関心事をうかがうことができる、ファン待望の一冊。
『家庭画報』2019年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 23

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 23

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事