• TOP
  • 海外
  • メートル・ドテルとシェフに聞く、ゲスト850人を迎える最上級のおもてなし

海外

メートル・ドテルとシェフに聞く、ゲスト850人を迎える最上級のおもてなし

2019.09.25

  • facebook
  • line
  • twitter

モナコ公国 華麗なる舞踏会へ 第3回(全6回) あらゆるラグジュアリーが凝縮したモナコ。7月最後の週末の夜にはその煌めきが最高潮に達します。ロングドレスで着飾った淑女がブラックタイの紳士にエスコートされて集う「モナコ赤十字舞踏会」。71年の伝統を持つ夢の舞台へとご案内します。前回の記事はこちら>>
850人のゲストがディナーを堪能しつつスペクタクルを楽しむ「サル・デ・ゼトワール」

850人のゲストがディナーを堪能しつつスペクタクルを楽しむ「サル・デ・ゼトワール」。ステージと客席の間にダンスフロアがある。

舞踏会の会場は「スポルティング・モンテカルロ」という多目的施設の大広間「サル・デ・ゼトワール(星々の間)」。


71年続く伝統あるこの舞踏会では、年ごとにテーマが変わり、一夜限りの夢のような空間が出現します。開場を1時間後に控えた午後7時、調理場、舞台、そして客席で着々と準備が進められています。

今年のテーマ「海を守る」にちなんだ装飾

今年のテーマ「海を守る」にちなんだ装飾。葛飾北斎の描いた波を思わせる造形をデルフィニウムとかすみ草で表現。2万5000本の花で会場全体が彩られる。

モナコ赤十字舞踏会の今年のテーマは「海を守る」。その趣旨に沿って、波や珊瑚礁などをモチーフにしたデコレーションが会場に施されます。

きびきびとした動きでスタッフに指示を送るのはサービス部門の最高責任者ティエリー・ペラシさん。120人の給仕のトップに立つ人物です。

ティエリー・ペラシさん

スポルティング・モンテカルロ「サル・デ・ゼトワール」メートル・ドテル
ティエリー・ペラシさん
豪華客船の給仕などの経験を経て地元「スポルティング・モンテカルロ」のメートル・ドテルに。8人のアシスタントを介して120人のスタッフを動かす。

「今夜のゲストは全員がVIP。席次にはことのほか気を配ります」


「私にとって今年は32回目の舞踏会になりますが、毎年毎年、一からのスタートです。デコレーション、料理メニュー、そして舞台に登場するアーティストも毎年違います。

舞台での進行、調理場の料理の進み具合などさまざまな要素が絡み合うタイミングをうまく見計らい、臨機応変な対応が求められます。ホールスタッフ全員に指示を行き渡らせることで、ゲストの皆さんお一人お一人に心地よく過ごしていただくのが私の仕事です」。

席次を決めるのも彼の役目。モナコの人脈に精通した彼のようなベテランが会を支えています。

850席それぞれに細心の注意を払うスタッフたち

850席それぞれに細心の注意を払う。

ゲストが個々にオーダーするワイン

1席1200ユーロ(約15万円)の料金とは別に、ゲストが個々にオーダーするワイン。プレスティージの高い会だけあって、用意された銘柄も第一級。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 27

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 27

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事