• TOP
  • アート
  • 図書館、本、上野という町への愛が溢れる長編小説。中島京子『夢見る帝国図書館』

アート

図書館、本、上野という町への愛が溢れる長編小説。中島京子『夢見る帝国図書館』

2019.08.28

  • facebook
  • line
  • twitter

今月の本

中島京子(なかじま きょうこ)さん

中島京子(なかじま きょうこ)
1964年東京都出身。2003年『FUTON』でデビュー。『小さいおうち』で直木賞を、映画化された『長いお別れ』で中央公論文芸賞、日本医療小説大賞受賞。著書多数。


明治に開館した「帝国図書館」と、図書館についての小説を書きかけていた“喜和子さん”。


日本初の近代図書館が辿った紆余曲折の歴史を縦軸に、謎を残したまま逝った喜和子さんの人生を織り合わせた中島京子さんの『夢見る帝国図書館』は、図書館、本、そして上野という町への愛が溢れる長編小説だ。

“上野の図書館のこと、書いてよ”。

ご自身を連想させる作家の“私”が偶然出会った喜和子さんにそういわれることから始まる本作について、

「今、国際子ども図書館になっている帝国図書館はすごく素敵な建物で、戦前は錚々たる作家が来館していたとか、図書館はつねに金欠だったとか、調べていると、おもしろい話がたくさん出てきたんです。

いつか書きたいと思いつつ、史実を拾うだけではおもしろい小説を書けるかどうかわからなかったので、エピソードで綴る帝国図書館の歴史と、1人の女性の個人史を組み合わせる構成を考えました」と、中島さん。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事