きものダイアリー

小田原市民会館で開催された松竹大歌舞伎 中央コースへ

2016.07.28

  • facebook
  • line
  • twitter

Bettyokoのきもの日記 第10回

松竹大歌舞伎 中央コース「鳴神」「文売り」「三社祭」 

小田原市民会館大ホールで開催された松竹大歌舞伎 中央コースを観劇してきました。




坂東亀寿さん、中村萬太郎さんによる「歌舞伎の見方」は大薩摩の演奏でスタート。迫力ある演奏と、歯切れもテンポも良い解説に、演目への期待が高まります。 

「歌舞伎十八番内 鳴神」は、行方を用いて竜神を滝壺に封じ込め、雨を降らなくしてしまった鳴神上人を、絶世の美女である雲の絶間姫が色仕掛けで籠絡するお話。尾上松緑さん演じる鳴神上人が美女の色香に破戒し、騙された怒りを荒事で表現。中村梅枝さん演じる姫の美しさ、先ほどまで楽しくわかりやすい解説を務めていた坂東亀寿さん、中村萬太郎が演じる弟子の白雲坊と黒雲坊のコミカルなお芝居など、歌舞伎の醍醐味を隅々まで味わえる一幕でした。 

続く「文売り」では、中村時蔵さんのがしっとりと女形の魅力を踊り上げ、観客は皆、うっとり。年配の女性のお客様も、すっかり魅了されていました。 最後の「三社祭」では、再び中村亀寿さん、中村萬太郎さんが登場。漁師の二人が「善玉」と「悪玉」になって、粋で躍動的な舞踊を息を合わせて踊り上げました。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 02

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 02

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事