きものダイアリー

「秀山祭」は今年10周年。 九月大歌舞伎 昼の部「一條大蔵譚」 へ

2016.09.20

  • facebook
  • line
  • twitter

Bettyokoのきもの日記 第13回

歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部「一條大蔵譚」 

歌舞伎座で開催中の秀山祭九月大歌舞伎 昼の部に行ってきました。

秀山祭とは、明治・大正・昭和にかけて活躍した名優、初代中村吉右衛門の功績を讃え、その芸を継承する当代の中村吉右衛門さんをはじめとする役者さんによる公演。平成18年にスタートし、今年で10周年を迎えました。 さらに今年は、当代が二代目として吉右衛門を襲名して50周年。 アニバーサリーにふさわしい、充実の演目&配役のお芝居が並びます。 


初代の実の孫であり養子でもある中村吉右衛門さんは、公演を前に行われた記者懇親会では「初代は役の幅も広く、私などは初代が演じた役の3分の1もまだやっていない」とおっしゃっていました。 それでも、役を掘り下げ、観客の心を打つ台詞回しで表現するお芝居は初代から当代の吉右衛門さんへ、そして次の世代の役者さんたちへ、確実に受け継がれているように感じられます。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事