エンターテインメント

香取慎吾さん、自分自身を題材に日本で個展を初開催

2019.03.28

  • facebook
  • line
  • twitter

香取慎吾さん

「僕を全部見てもらえるような個展にしたい」―香取慎吾


「いつかやりたいなと思っていた個展を、いきなりパリで開くことになったときも驚きましたけど、今回の日本初個展も、かなりびっくりな企画です」

そう話すのは、近年アーティストとしても活躍し、昨秋、「ジャポニスム2018」公式企画の一つとして、パリのルーヴル美術館・シャルル5世ホールで開催された個展『NAKAMA des ARTS』が大好評だった香取慎吾さん。


その国内初個展『サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展』が、3月から東京・豊洲でスタートする。“BOUM”は、ドキドキという心臓の拍動を意味するフランス語だ。

「最初に企画を聞いたときは、僕も正直、全く意味がわかりませんでした。間違った方向にどんどんイメージが膨らんで、“フライングもできますか?”“いえ、舞台じゃないので”“じゃあ、歌は歌っていいんですか?”“いや、コンサートではなく、個展ですから”……そんなやりとりをしましたね(笑)」

というのも、この個展の会場は劇場。それも、オランダに次いで世界で2番目につくられた、ドーナツ状の舞台の真ん中にある客席が360度回転する劇場なのだ。

観客はまず席に座り(全席指定で各回の定員は350名)、客席をぐるりと囲むスクリーンに映し出される15分程度の映像作品を鑑賞。

前方のスクリーンが左右に開いたら、各自荷物を持ってステージ上へ移動し、そこに設けられた3つのエリアから成る展示スペースを自分で巡りながら、香取さんの作品を楽しむという趣向だ。

「子どもの頃から夢見ていた個展とはだいぶ違うけど(笑)、ステージに立ってきた僕にはぴったり」テーマもズバリ、“香取慎吾の身体性に起因するアート”だという。

「歌ったり、踊ったり、バラエティ番組に出たり、お芝居をしたり。自分を素材にいろいろなお仕事をさせてもらってきた僕がアートをするなら、僕自身をアートにしなきゃと思っていて。

大きな作品をつくるときはメイキング映像を撮ってもらって、ルーヴルでも作品の一部として展示しました。今回はさらに踏み込んで、僕を全部見てもらえるような個展にしたいと思っています」
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事