インテリアレッスン

インテリアレッスン46 カトラリーは脇役と思っていませんか?

2018.09.04

  • facebook
  • line
  • twitter

「『ライヨール』のナイフに合うものを」と、見つけた「エルメス」のフォーク。金属の色味とマットな質感がぴったり合った。

Tips2
デイリーに活躍する上質なステンレスのカトラリー


「カトラリーによって、1枚のお皿も雰囲気が変わり、料理の味わいも変わります。クリストフルデビューの後、器や料理によってそれぞれ合うカトラリーが必要になり、徐々に買い揃えていきました」という多美保さん。中でも、デイリーづかいやカジュアルなおもてなしに活躍しているのは、上質なステンレス製のものが多いと言います。


フランスのテーブルウェアブランド「エルキューイ」の流線形のデザインがモダンなアポストロフィ。そして、切れ味の良さとチャーミングな蜂のモチーフで知られる「ライヨール」のナイフには、ナイフのマットな質感に合う「エルメス」のフォークを合わせて。

最近「ハウス オブ ディオール」で見つけたオリーブ材の柄のものは、カジュアル・リュクスな雰囲気がお気に入りなのだとか。全て6人分ずつを揃えています。

どんなに器が素敵だとしても、そぐわないカトラリーではセッティングが台無しになってしまうもの。カトラリーにまで心を配ることが、美しい食卓を作る決め手になるのです。

 


お母さまが使っていた「ダンスク」のカトラリー。北欧らしいフォルムの美しさは40年以上経っても色褪せず、多美保さんは今でもウィークエンドハウスで使っている。


アンティークならではのデザインが美しいイギリスのステンレス製カトラリー。

Tips3
各国らしさに富んだデザインを名脇役に


さまざまなデザインも、カトラリーの面白さの一つ。フランスやイギリスをはじめ北欧の品々は、不思議とその国らしさを形や装飾の中に宿しています。

デンマークのテーブルウェアブランド「ダンスク」のカトラリーは、マットなステンレス製。モダンでありながらもぬくもりを感じさせるデザインは、日常の食卓に美しく溶け込みます。
一方、イギリス製の前菜用カトラリーなどは、繊細な装飾がアクセントとなって、使うたびに目を楽しませてくれるアイテム。シンプルな器に、優雅さを添えてくれます。

「カトラリーは思いのほか、目立つもの。同じクロスとプレートであっても、異なるカトラリーを合わせるだけで印象がガラリと変わるんです」

カトラリーは、いわばコーディネートの仕上げとなる名脇役。デザインの個性を見極めて、コーディネートに生かします。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 18

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 18

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事