• TOP
  • 健康
  • 更年期以降、手の疾患のリスクは高まる。しびれや痛みは「手外科専門医」へ

健康

更年期以降、手の疾患のリスクは高まる。しびれや痛みは「手外科専門医」へ

2018.09.07

  • facebook
  • line
  • twitter

名古屋大学医学部附属病院 手の外科外来 案内


手の外科外来 案内

■主なスタッフ


医師16名(うち日本手外科学会手外科専門医11名)作業療法士7名(うちハンドセラピスト6名)

■主な連携先の診療科


整形外科、形成外科、リウマチ科、小児外科、 リハビリテーション科、神経内科、糖尿病・ 内分泌内科、救急科、眼科

■診療案内


愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL:052(741)2111(代表)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/

原則予約制のため、かかりつけ医(どの診療科でも可)に紹介状と名古屋大学医学部附属病院への初診予約を依頼のうえ、手の外科外来を受診。受診の詳細については病院のHP「初診の患者さんへ」をご参照ください。

●平田 仁先生 外来担当日/火曜・金曜午前
※最新情報は病院のHPで確認してください。

■費用


保険診療(患者負担1~3割)。

特定機能病院のため選定療養費の徴収が義務化されており、名古屋大学医学部附属病院では紹介状がない場合、初診時に5400円の実費がかかる(2018年8月現在)。

■参考情報


●手外科専門医がいる医療機関を知りたいとき
日本手外科学会/http://www.jssh.or.jp/

日本手外科学会が認定する手外科専門医は2018年8月現在、全国で932名。同学会のHP「一般の皆様/手外科専門医・認定施設」で名簿を公開している。

●手や腕のけがの手当ての方法を知りたいとき

ミリ単位の血管や神経が集まる手のけがは特に障害が残りやすいため、最初の正しい手当てが肝心。日本手外科学会のHPでは一般向けに情報を提供。

同学会HP(URLは上欄参照)「一般の皆様/手や腕のけがに関する処置の基本」を参照のこと。

平田仁(ひらた・ひとし)先生

平田仁先生

1982年三重大学医学部卒業。同大学医学部附属病院助手、講師を経て、2003年より同大学医学部整形外科助教授。05年10月より名古屋大学大学院医学系研究科機能構築医学専攻運動・形態外科学講座手の外科学教授。日本手外科学会副理事長、日本マイクロサージャリー学会理事、日本末梢神経学会理事、NPO法人ハンドフロンティア理事長を務め、手の外科の普及啓発と診療向上に精力的に取り組む。
取材・文/渡辺千鶴 撮影/八田政玄

「家庭画報」2018年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 16

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 16

他の星座を見る